「 明日の食卓 」考察レビュー

ジョンさん

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸んからの投稿レビューです。

「 石橋ユウ 」という同じ名前の子どもを育てる3人の母。

ささいな日常のズレや違和感から、今まであったはずの幸せな日常が、だんだんと狂い始める。

明日の食卓

明日の食卓

©明日の食卓

公開日

2021年5月28日

上映時間

124分

予告編

公式サイト

明日の食卓

作品評価

作品評価
映像
(2.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(2.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

明日の食卓(感想レビュー)

明日の食卓

©明日の食卓

繋がっているようで繋がってない。

3本のオムニバス映画のような感覚。

3人の「 ユウ 」は、同じ国の違う場所で全く交わらない世界線で生きている。

なのになぜか3人とも運命が狂い始める。

静岡に住んでいるユウの演技がすごい。

大人の前では優踏生。

でも裏の顔を隠し持つ複雑な心理描写を見事に表現していた。

演じていたのは、ドラマ「 テセウスの船 」で注目を浴びた柴崎楓雅くん。

予告でも流れていた「 僕はいい子じゃない。お母さんもいいお母さんじゃない。」というセリフ。

台本にはなくその場で作られた言葉だったらしいが、彼の鬼気迫るお芝居も相まって、映画の中でも個人的にとても印象に残るシーンだった。

お芝居の観点で言うと、主演の菅野美穂さんのクライマックスシーンはスクリーンに目が釘付けになった。

心の内をそのまま吐き出すような絶叫。

結婚もしていなければ子どももいない私は、今作を見ていつか自分の家庭をもって子どもを叱りつけるシーンを想像してしまい、胸が苦しくなってしまった。

そこまで観客を引き付けたのは、彼女のクライマックスシーン。

そしてそれを一瞬たりとも逃さなかったカメラワーク。

まるで自分の実体験のようにトレースさせる臨場感は圧巻だった。

まとめ

明日の食卓

©明日の食卓

最近、瀬々監督の作品に出会って観ている。「 楽園 」「 友罪 」「 64 」など、共通して見えるのが「 人間の本質 」

人間の汚い部分もさらけ出して映画にするイメージがある。

一方で「 8年越しの花嫁 」など、泣ける作品も多い。

誰にでも起こりうるような、でもある種フィクションのような、その狭間にあるリアルが絶妙で好きだ。