【 MCUシリーズ 】「 シャン・チー テン・リングスの伝説 」考察レビュー

シャン・チー テン・リングスの伝説

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@ハッピーたまごん!からの投稿レビューです。MCUシリーズも復習しておきましょう。

マーベルスタジオ製作の最新作。

アジア人初のヒーロー単独作品。

最強の力を隠し、平凡な生活を送るシャン・チー。

だが、世界を裏で支配する悪の組織「 テン・リングス 」の魔の手が忍び寄る。

このレビューでは今作の面白さの秘密に迫ります。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

シャン・チー テン・リングスの伝説

シャン・チー テン・リングスの伝説

©シャン・チー テン・リングスの伝説

公開日

2021年9月3日

原題

Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings

上映時間 

132分

キャスト

  • デスティン・ダニエル・クレットン(監督)
  • シム・リウ、オークワフィナ
  • メンガー・チャン
  • ファラ・チャン
  • フロリアン・ムンテアヌ
  • ベネディクト・ウォン
  • ミシェル・ヨー
  • ベン・キングズレー
  • トニー・レオン

予告編

公式サイト

シャン・チー テン・リングスの伝説

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(4.0)

シャン・チー テン・リングスの伝説(感想レビュー)

シャン・チー テン・リングスの伝説

©シャン・チー テン・リングスの伝説

他のヒーロー作品と比べても映像が綺麗です。

というのも、今作では武術を駆使したアクションシーンが美しくみえる様に工夫されています。

特に劇中に登場する武術には詠春拳や太極拳など、多彩な種類の技が組み込まれていました。

監督の工夫を感じました。

シャン・チーという主人公の設定がまず面白いです。

彼は悪の組織の黒幕を父親に持ち、勧誘されています。

本来、最強の主人公は観客の憧れです。

しかし、今作のヒーロー(主人公)は本気で平凡な生活を望んでいるのです。

新しいヒーロー像で新鮮でした。

主人公にはケイティという相棒がいます。

彼女は主人公の友人で面白いキャラクターでした。

物語は前半と後半で雰囲気がガラリと変わります。

ジャンルが途中で変わったといっても過言ではないと思います。

まるで未知の世界を、シャン・チーと旅行している気分になりました。

スパイダーマンやアベンジャーズ等と世界線を共有する、マーベルシネマティックユニバース(MCU)の今作。

ですが、この「 シャンチー 」から見ても楽しめます。

監督の中国映画愛が溢れるアクション・ファンタジー超大作でした。

音楽も素敵でした。

まとめ

シャン・チー テン・リングスの伝説

©シャン・チー テン・リングスの伝説

今作は、アジア人の文化を最大限にカッコよく伝える工夫がされており、素晴らしかった。

映像や音楽に中華、和風を感じさせる演出が多かったです。

MCUの力量は凄いと思いました。