「 クワイエット・プレイス 破られた沈黙 」考察レビュー、エイリアンの正体は?

ジョンさん

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

クワイエット・プレイス 」の続編。

音を聞き分けて人を襲う「 何か 」がいる世界で生き残る家族の物語。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

©クワイエット・プレイス 破られた沈黙

公開日

2021年6月18

原題

A Quiet Place Part II

上映時間

97

キャスト

  • ジョン・クラシンスキー(監督)
  • エミリー・ブラント
  • ミリセント・シモンズ
  • ノア・ジュープ
  • キリアン・マーフィー
  • ジャイモン・フンスー

予告編

公式サイト

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(感想レビュー)

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

©クワイエット・プレイス 破られた沈黙

個人的には前作よりも好きだった。

前作は得体のしれない「 何か 」に対する恐怖という面が大きく、ホラー要素が強かった。

今作は「 何か 」に対して立ち向かっていく様子もあり、サバイバル映画を見ている感覚だった。

物語の冒頭シーン。

音に反応して人を襲う「 何か 」が初めて確認されたときの様子が表現されている。

車のシーンでの撮り方が全体的にすごく好きだ。

臨場感や緊張が伝わってきた。

前作は「 音をたててはいけない世界 」がさも当たり前のように物語が進んでいく。

なぜそうなったのか?

具体的な説明はなく、映画を通してその状況を理解する必要があった。

今作はその始まりの部分が描かれているため、よりこの映画の世界観を知ることができたのが良い。

リーを演じるミリセント・シモンズは、実際に聴覚障害がある女優。

映画がリー視点になったとき、音が全く聞こえない空間にワープしているような感覚になる。

彼女が日頃どんな世界で生きているのか、どんなふうに物事が見えているのかがよく分かる、とても好きな技法だった。

リー視点の世界では「 何か 」が初めて確認されたときに、世界に何が起こったのかをうまく把握できない。

だが現在では、彼女が家族を救うような、妙な頼もしさと強さがあった。

前作に比べて少し時間が経ったいま、彼女の順応能力や成長が垣間見えてよかった。

日本語訳では「 1日目 」なのに、英語だと「 The Day 」なのカッコよくてズルい。

エイリアンの正体

エイリアンの正体については、こちらの記事でまとめました。

まとめ

クワイエット・プレイス 破られた沈黙

©クワイエット・プレイス 破られた沈黙

現在から約400日までの間、人類はものすごい速度で減り、世界は壊れていく。

「 The Day 」では賑やかだった日常も、あっという間に消えてなくなるんだと思うと、この年月はただの1年ではなかったと改めて思い知らされた。

静寂を楽しむ作品なので、無意識のうちにめちゃくちゃ集中して見ていた。

緊張感が張り詰める空気がたまらない。

自分の呼吸の音すらも気になって潜めてしまうほど、映画館を臨場感で包むサバイバル映画だ。