▶︎ さあ、映画ライターになろう

フランス映画「 ハッピー・バースデー 家族のいる時間 」考察レビュー、大家族のドダバタ劇に注目

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@ayahhi)さんからの投稿レビューです。

ほっこりした家族団らんストーリーと思いきや大間違い。

「 欲望、狂気、希望 」

家族とは、数々の要素を含む不思議な集団なのだと思い知る異色のファミリードラマです。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ハッピー・バースデー 家族のいる時間作品情報)

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

©ハッピー・バースデー 家族のいる時間

公開日

202118

原題

Fete de famill

上映時間

101

キャスト

  • セドリック・カーン(監督)
  • カトリーヌ・ドヌーヴ
  • エマニュエル・ベルコ
  • ヴァンサン・マケーニュ

予告編

公式サイト

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(4.5)

 

ハッピー・バースデー 家族のいる時間感想レビュー)

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

©ハッピー・バースデー 家族のいる時間

好きだった点

家族ならではのゴタゴタ、ワガママがユーモラスに描かれている。

「 あるある 」と共感するシーンが多かったです。

今作は家族を描いたものですが、よくある家族ドラマの「 ケンカするけれど仲直り、許し合って皆ハッピー 」のような生ぬるいものではありません。

「 お金、精神の危うさ、権力争い 」など、生々しい家族の内面がしっかり描かれている部分がリアルで面白い。

かと思えば、無邪気な子どもたちは、そんなドロドロに無関心で希望に満ちている。

という対比に救いがあり、好感が持てました。

嫌いだった点

クレール(長女)のヒステリーが見ていて辛くなります。

娘の恋人が黒人であることに差別的な発言をしたり、濡れ衣を着せたりする意地悪さが憎たらしかったです。

ロマン(次男)のクズ男ぶりは、見ていて「 無理!」と声が出るほどです。

そこに情を感じて離れられない知的な美女、ロジータには「 逃げて!」と叫びたくなります。

見どころ

どの役もハマり役だな、と役者の力が感じられる作品でした。

アンドレア(主人公)演じるカトリーヌ・ドヌーヴは、麗しい顔立ちとその貫禄で迷いのなさそうなイメージが強い。

しかし、今作では「 戸惑い、迷い、翻弄 」と、自己犠牲的な母親をうまく演じており、その演技力は天下一品。

特に強烈だったのは、エマニュエル・ベルコ(クレール役)。

その迫真の演技は見もので、嗚咽や顔の紅潮の仕草など、本当に精神が不安定になってしまった人のように見えます。

食卓に自ら頭を打ち付けて流血するシーンは、本当に死んでしまうのではないか?

と思わせる異常さがありました。

ハッピー・バースデー 家族のいる時間考察レビュー)

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

©ハッピー・バースデー 家族のいる時間

融通の利かないヴァンサン(長男)、いい加減なロマン(次男)、不安定なクレール(母)とアンドレアの子供たちのキャラクターはそれぞれ難ありという感じです。

ヴァンサンの息子たちやクレールの娘エマは、不格好に衝突しあう大人たちに比べて、思いやりがあり、愛情深いように思えます。

自分を置いて出ていき3年も行方不明になっていたクレール(母に対し冷たい態度を取りながらも、最終的には母をかばうエマ。

緊迫した言い争いの空気に飲みこまれることなく、純粋にアンドレアを喜ばそうとするヴァンサンの息子たちを見ていていると、

子どもは大人の被害者になってしまいがちな存在だけれども、その真っ直ぐさには不遇な状況を跳ね返す力があるのだなと、

逞しさに心を打たれました。

アンドレアの夫ジャンは実は2人目の夫で、全夫は首をつって亡くなっていますが、その理由については語られません。

クレールがそうであったように、精神的に不安定だったということなのかもしれませんが。

家族ドラマであったならば、そのあたりが物語に大きな影響を与えていそうなものですが、そんな過去はサラっと流しているなと感じました。

それゆえ、ラストシーンのクレールが縄で首を縛る映像をロマンに撮らせるシーンは、父の死に関することは間違いないと思うのですが、その意図が正直よく分かりませんでした。

自分の意見を持たず、妻に従っているジャンが、クレールを精神病院に入院させるか否かで揉めている最中に発した「 妄想のない人生に何の意味があるんだ?」

という言葉は、何を指していたのだろう?

と不思議に思いました。

考えがブッ飛んでしまうクレールをかばう言葉であり、融通の利かないしっかり者のヴァンサン(長男)への諫めでもあるのでしょうか?

普段から口数の少ない彼だけに、意を決して発した言葉がやけに気になりました。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

ハッピー・バースデー 家族のいる時間

©ハッピー・バースデー 家族のいる時間

愛情も恨みもある、家族という不思議な集団を興味深く描いている作品です。

予告編にあるような「 きっと、家族に会いたくなる 」というよりは、「 家族の奇妙さ、きれいごと 」だけでは片付かないリアルな側面を感じさせる1本でした。