カナダ映画「 ブラッド・ブレイド 」考察レビュー、B級映画と思いきや「 先住民と白人 」差別がテーマだった

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@Yoko)さんからの投稿レビューです。

カナダ映画「 ブラッド・ブレイド 」

パッケージを見るとB級ゾンビ映画感満載ですが、作品自体はシリアスな雰囲気で物語が進みます。

想像しているゾンビ映画とかなり違うタイプの作品を見ることになると思います。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ブラッド・ブレイド(作品情報)

ブラッド・ブレイド

©ブラッド・ブレイド

公開日

2020年12月4日

原題

Blood Quantum

上映時間

98分

キャスト

  • ジェフ・バーナビー(監督)
  • マイケル・グレイアイズ
  • フォレスト・グッドラック
  • エル=マイヤ・テイルフェザーズ

予告編

公式サイト

ブラッド・ブレイド

作品評価

五つ星

映像
(3.0)

脚本
(2.0)

キャスト
(2.0)

音楽(BGM)
(2.0)

リピート度
(2.0)

グロ度
(4.0)

総合評価
(2.5)

 

ブラッド・ブレイド(感想レビュー) 

ブラッド・ブレイド

©ブラッド・ブレイド

好きだった点

ポスターの感じから、かなりB級映画なのだろうなと思いながら映画を見始めました。

どんなゾンビが登場するのかと思いきや、かなり社会的テーマが強い作品でした。

ストーリーもシリアスで、ゾンビよりも「 先住民と白人 」差別がテーマとして描かれています。

ゾンビに安っぽさはなく、死んだ人間が本当に蘇ったようなリアルさを感じました。

ゾンビ好きのためにグロテスクシーンも用意されており、ゾンビが人間に襲いかかるシーン、人間がゾンビを倒すシーンなど、他のゾンビ映画に引けを取らないほどの演出。

一瞬ゾンビ映画を見ているのを忘れるほどでした。

今まで多くのゾンビ映画を見てきましたが、これほど映像に重みを感じた作品は初めてでした。

嫌いだった点

ゾンビ好きにとっては、「 ゾンビ vs 人間 」を期待してしまうでしょう。

しかし、それほどゾンビを倒す描写はありません。

差別をテーマとしストーリーが進むので、ゾンビ映画の疾走感を期待している人にとって、少し期待外れかもしれません。

見どころ

他のゾンビ映画にはない重めの雰囲気が見どころ。

チープさは全くなく、冒頭からラストまで重い空気です。

ゾンビ映画によくある「 人間対人間 」の構造も描かれるのですが、それが縄張り争いというよりは「 よそ者 」差別がテーマ。

そのテーマと映像の重さが重なり、とても深い作品となっています。

ただし、物語の描かれ方が人を選ぶ作品にもなっているのかもしれません。

「 ゾンビ映画は遂にここまできたか 」と。

斬新なゾンビ映画なのかもしれません。

ブラッド・ブレイド(考察レビュー)

ブラッド・ブレイド

©ブラッド・ブレイド

先住民は白人によって追い詰められましたが、今作では先住民コミュニティの白人がマイノリティになっています。

差別をテーマにして今作を製作した意味は、現代の分断を描いているのだと思います。

社会の中ではマイノリティとされている先住民ですが、今作は先住民視点で描かれているので、彼らの白人に対するリアルな感情を知ることができます。

映画ライターになりませんか?

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

まとめ

ブラッド・ブレイド

©ブラッド・ブレイド

ポスターやパッケージから想像する映画とは全く違う「ブラッド・ブレイド」

今作で描かれるゾンビはあくまで脇役で、ゾンビの世界で生きる人間たちの差別意識が重要なテーマなのです。