ファー・フロム・ホーム 予告編から考察・予想できる展開【 マルチバース 】

フェイズ3は、残すところファー・フロム・ホームのみ。

フェイズ3以降、MCUフェイズ4へ突入していきます。

ファー・フロム・ホームの予告編が公開され、マルチバース展開の可能性が明らかになりました。

エンドゲームは、ある意味、MCUの方向性を大きく変えてしまったといえるでしょう。

今回は、ファー・フロム・ホーム予告編から考察できる10のことについてです。

サクッといきましょう。

予告編

考察・予想できる10のこと

新たなアイアンマン

エンドゲームの戦いにより、トニー・スタークは、命を落としました。

彼の死を悲しむピーター・パーカー。残酷ですが、時は進んでいきます。

ハッピー・ホーガンは、トニー・スタークがピーター・パーカーに全てを託したという趣旨の発言をしました。

世界を平和に導くのは、ピーター・パーカーという確信が、トニー・スタークにはあったのでしょう。

彼は、戦いに必要な全てのテクノロジーをピーター・パーカーに残した可能性があります。

世界は、新たなアイアンマンを必要としており、MCUは、もはやスパイダーマンの世界になったと言えます。

警察官との関係

原作・実写版において、スパイダーマンと警察官の関係性は良好とはいえません。

特に、アメイジング・スパイダーマンにおいては、警官は常にスパイダーマンを悪者扱いにしていましたよね。

予告編では、スパイダーマンと警官がジョークを言い合うシーンが登場しました。

これは、ある意味大きな変化といえるでしょう。

このシーンは、スパイダーマンが新たなヒーローとして、世間に受け入れられたと言えるシーンなのではないでしょうか。

トニー・スタークとの共通点

ハッピー・ホーガンは、ニック・フューリーからの電話をピーター・パーカーに繋ごうとしましたが、話したがらないピーター・パーカー。

しまいには留守電にしてしまいました。

これは、ピーター・パーカーとトニー・スタークが似ていることを表す示唆する重要なシーンとも言えます。

実際、トニー・スタークは、ニック・フューリーに何度も音声メールを送ってましたからね。

新たな組織

ニック・フューリー、マリア・ヒルは、協力しながら秘密結社を結成する可能性がありますね。

シールドではないのであれは、どのような組織になるのでしょうか?

S.W.O.R.D. (Sentiest World Observation and Response Department)の可能性があるかもしれません。

S.W.O.R.D. は、S.H.I.E.L.D.の関連組織です。

いずれにしても、世界を脅威から守るため、アベンジャーズのようなヒーロー組織を結成する必要があるのでしょう。

 

 

マルチバース 

エンドゲームの戦いによって、新たな次元が開いてしまったことが判明。

いわゆるマルチバースのことですね。

スパイダーバースの噂は、去年からありました。

ファー・フロム・ホーム公開によって、MCUマルチバース展開の可能性が濃厚になったといえます。

スパイダーバースの可能性も十分に考えられますよね。

例えば、ミステリオがいた次元から第二のスパイダーマンが登場する可能性すらあります。

マルチバース展開が可能になったことで、マーベルは、X-MEN、ファンタスティック・フォーをMCUに合流させることができるようになったといえるでしょう。

ミステリオの次元は破壊された

予告編で少しだけ登場したシーン。

破壊された都市が映し出されていましたよね。

予告編では、スパイダーマンとミステリオたちが戦った後の都市のようにもみえます。

考察ですが、おそらく、このシーン。

ピーター・パーカーは、別次元の同じ時間軸をみていた可能性があります。

みていた次元は、ミステリオがいた次元(アース–??)かもしれません。

ミステリオがいた次元は、すでに破壊されていたのではないでしょうか。

ヒーローたちはどこに

ニック・フューリーは、なぜピーター・パーカーを訪ねてきたのか?

なぜピーターである必要があったのか?

ソーは、留守中であり、キャプテン・マーベルは、取り込み中ということが予告編で明らかになりました。

ドクター・ストレンジ、プロフェッサー・ハルクではなく、ピーター・パーカーがヒーローとして選ばれた理由は、予告編で明らかになっていません。

これは、本編で明らかになることでしょう。

全ては幻想世界なのか

原作から考察できることが、もう一つあります。

原作のミステリオは、幻想使いとして知られています。

彼は、幻想を作り出すだけではなく、巨大なモンスターや生き物たちを作り出すこともできます。

ぼくたちが予告編で見た映像のいくつかは、ミステリオが作り出した幻想世界なのかもしれません。

ミステリオの警告

このシーンの考察。

この発言が意味するものとは?

ミステリオは、彼の次元にスパイダーマンのようなヒーローの存在を望んでいたのでしょうか。

トニー・スタークの死後、ピーター・パーカーは、自分のヒーローという立ち位置に確信を持てていないように思えます。

ミステリオは、『世界を救うには犠牲を伴い、時に人々は死ぬのだ』とピーター・パーカーに言います。

これはピーター・パーカーに対しての警告なのか。

結局ミステリオは、ヴィランであり、彼の世界を救うために、必要な数の人々を殺すという意味とも考えられます。

スパイダーマンの秘密

MJは、スパイダーマンの正体を知っているのか。

マーベルは、予告編の一部にフェイクを入れてくるので、本当かどうかわかりません。

ファンを騙すためでもあるのでしょう。

このシーンは、MJの冗談と予想します。

いわゆるカマかけトークってやつですね。

まとめ

フェイズ3は、ファー・フロム・ホームで完結します。

ぼくは、ふと思いました。

フェイズ3以降の凶悪ヴィランは、もしかして、もしかすると、ミステリオじゃないのか?

ギャラクタス、アダム・ウォーロックの2人と予想してましたが、ミステリオも追加しておきます。

あなたは、どう思いますか?