さあ、映画ライターになろう

映画「 キャッツ 」ネタバレあり解説、酷評という噂は本当なのか?

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(杉田さん)の投稿レビューです。

ではサクッといきましょう。

ミュージカル作品ついに実写化。

「 キャッツ 」を見に行きましたが、どんな作品か気になる人も多いことでしょう。

ミュージカルのような内容で、あの「 ラ・ラ・ランド 」を彷彿させる作品でした。

今回は、「 キャッツ 」の内容を深ぼりしていきます。

この記事を読んで是非、劇場へ足を運んでください。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

キャッツ(作品情報)

Cats

公開日

2020124

上映時間

120

キャスト

  • トム・フーパー(監督)
  • テイラー・スウィフト
  • ジェームズ・コーデン
  • ジェイソン・デルーロ
  • イドリス・エルバ
  • フランチェスカ・ヘイワード

予告編

公式サイト

CATS

ネタバレ・感想レビュー

冒頭のシーンからもう歌っちゃってます。

しかも、踊ってる雰囲気でこれはテンション上がるだろうと思いました。

曲もどんどん変えて飽きさせない工夫がありましたね。

ミュージカル版「 キャッツ 」を見た人であれば、本家を知っているので楽しめると思います

歌って踊るだけではなく、ストーリーでしっかりとセリフもあります。

ただの猫のストーリーではないですよ!

各キャラクターには個性あります。

「 キャッツ 」は初見でしたが、ミュージカルのような楽しい雰囲気がありました。

少しぐだるシーンがあり、そこは飽きてしまいましたけど。

歌って踊ってストーリーにいく展開はラ・ラ・ランドに似てるかも。

監督は、「 レ・ミゼラブル 」でメガホンを取ったトム・ハーパー。

ストーリーを全て掴むことはできませんでしたが、長老の猫が最後にこのように説明しています。

「 猫には多くのキャラクターと名前がある 」と伝え、アイデンティティーを強調していました。

結局、ヴィクトリア(女の子の猫)は仲間入りを果たしました。

好きだった点

ヴィクトリア歌唱シーンの音色が素晴らしかった点。

さらには、盛り上げる猫が歌うと楽しく、マジシャン猫が歌う際の曲もしっくりきて良かったです。

嫌いだった点

歌が連続で続き、ストーリーがつかめなかった点。

多少ぐだったシーンがありました。

考察・疑問点

ラストで大きな猫が気球で空に向かうのですが、そこのシーンは疑問でした。

人間であれば、人間らしさがあり、さらには猫も猫らしさがあります。

猫の人間版ストーリーのようで、個性がありました。

猫のステレオタイプを打ち破った印象。

猫も同じ生き物であり、感情もあると。

この作品は、それを伝えたかったのかもしれません。

長老猫が話をまとめてくれたシーンはよかったですね。

ツイッターの声

 

まとめ

キャッツは賛否両論がある作品で酷評もあります。

本家を見たことのある方は、もしかしたら多少ちがうというツッコミをするかもしれません。

猫の本質を知り、リアルな社会描写を描いているので、そこも知ることで作品を楽しめると思います。

劇場でこのエンターテイメントを感じてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。