「 カラミティ 」考察レビュー、マーサ・ジェーン・キャナリー幼少期の物語

カラミティ

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@ハッピーたまごん!さんからの投稿レビューです。

すべての人に見てほしい新時代のアニメ映画です。

西部開拓時代の初の女性ガンマン、マーサ・ジェーン・キャナリーの子供時代の物語。

馬車隊で西に向かう旅の途中で、マーサの父親が負傷します。

マーサは父親に代わり馬を率いることになりますが、同時に周囲からの性別による差別や偏見に立ち向かうことに。

 

画像の引用元:公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

カラミティ

カラミティ

©カラミティ

公開日

2021年9月23

原題

Calamity, une enfance de Martha Jane Cannary

上映時間 

82分

キャスト

  • レミ・シャイエ(監督)
  • サロメ・ブルバン
  • アレクサンドラ・ラミー
  • アレクシ・トマシアン

予告編

公式サイト

カラミティ

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(5.0)

カラミティ(感想レビュー)

カラミティ

©カラミティ

抽象的な絵のはずなのに、まるで現実にアニメというフィルターを被せたかの様なリアルさ、美しいアニメーションに驚きました。

キャラクターの複雑な表情の変化や、自然の美しさに感動しました。

音楽、テーマ、ストーリー、娯楽性。

どれをとってもアニメ大国日本を揺るがす大傑作です。

女性のマーサは男勝りな性格ですが、家族思いな優しさもある魅力的なキャラクターです。

マーサは自分の心に正直だからこそ、男女格差が厳しい西部開拓社会では疫病神(カラミティ)と呼ばれます。

「 女性のくせに 」という視線を、あらゆる手段を使って跳ね除けていく彼女の姿に勇気をもらいました。

マーサがスカートを脱ぎ捨てて、ズボンを履く動機は面白いなと思いました。

それは男社会に馴染むための作戦でもなく、女性に生まれたくなかったわけでもないと思います。

マーサは当時の男性の「 生き方 」に魅力を感じていました。

そこに性別による偏見が加わり、立ち向かう為にズボンを履く決意をしたのかと。

西部開拓時代に「 自分らしい生き方 」を追求したマーサの冒険がその瞬間から始まります。

現代人の抱える生きづらさの問題をリアルに描きつつ、見事にエンターテインメントとして昇華された作品です。

まとめ

カラミティ

©カラミティ

今作は、特定の性別・年齢・国籍に関係なく感動できる作品。

なぜなら誰もが「 自分らしい生き方 」をしたいと考えているからです。

この先駆的なアニメーション映画がヒットすることを期待しています。