映画ライター募集中

【 洋画 】おすすめ映画「 スキャンダル 」FOX社のセクハラ訴訟事件を描く、オリジナルキャラを演じたマーゴット・ロビーに刮目せよ!

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@ジュン)さんからの投稿レビューです。

▶︎ おすすめ洋画(まとめ)

▶︎ スキャンダル(レビュー①)

ではサクッといきましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

アメリカを代表するFOXニュースチャンネルにて実際に起きた元CEOによるセクハラ事件。

シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビーを主要キャスト迎えた本作。

実在する2人の顔を表現するため、特殊メイクが使われています。

そのメイクは話題となり、今作はアカデミー賞(2020)にてメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
  (アイキャッチ画像含む)

 

作品情報

Bombshell

公開日

2020年2月21日

上映時間

108分

キャスト

  • ジェイ・ローチ(監督)
  • シャーリーズ・セロン
  • マーゴット・ロビー
  • ニコール・キッドマン
  • ジョン・リスゴー

予告編

公式サイト

スキャンダル

ネタバレ・感想レビュー

 

好きだった点

冒頭から、同じ会社にいる立場も考えもちがう3人の人物ストーリーが描かれる点。

この3人はどのように繋がっていくのだろうか?

と疑問に思いながら鑑賞していました。

しかし、3人が協力してセクハラ被害を訴えるという物語ではありませんでした。

今作の肝はセクハラ問題という一つの事案に対し、1人の女性がどのように感じ、対処するのかを描いた作品でした。

だからこそ、年齢や立場のちがう3人を主要キャストにしたのかと感心しました。

そして、予告でも使われていたエレベーターのシーンはとても見応えがありました。

物語の中盤で流れるのですが、全く別の目的で乗った3人が、会話するわけでもないシーン。

一見すると、物語に不要では?

と感じたのですが、登場人物の目線、息遣い、表情を見ると空気がすごく悪い(笑)

この後、物語が大きく動き始めるのかと、一目見ただけでわかるシーンとなっておりました。

BGMやシーンのテンポも早いのでサクッと見たい人にもオススメです。

嫌いだった点

男性の登場人物が置物か悪者かに徹してしまっていた点。

これは、今作の「 う~ん 」ポイントかなと感じました。

というのも、今作での男性は、訴えられたCEO以外ほとんど傍観者の立場なんですよね。

私としては、「 セクハラ問題について、FOX男性社員がどう感じていたのか 」という描写があってもいいのかなと感じました。

また、時間軸観点からアメリカで何が起きていたのかを少し知っておく必要がある点は、作品として不親切では?

と感じました。

見どころ

何といっても、マーゴット・ロビーの熱演ですね。

アカデミー賞助演女優賞ノミネート(2020)は伊達じゃなかった。

実は主要キャストの内、彼女だけ現実に登場しないオリジナルキャラクターなんですよね。

彼女が演じたキャラは、夢を持った野心家。

FOXのメイン番組に出演したいという夢を持った彼女は、あの手この手で上層部に顔を売っていきます。

順調にCEOと顔を合わせられるようになるですが、彼からセクハラ被害に遭ってしまいます。

キャリアのためとはいえ、彼女は心に深い傷が残ってしまいました。

そんな時に起きたCEOのセクハラ訴訟。

彼女は自身の被害を告白すべきか悩み抜き答えを出していきます。

彼女の演技がなぜ心に残った理由は、セクハラ被害をリアルタイムで受けている描写があるからだと感じました。

序盤から夢を追いかける彼女の姿に、心を許していた私は彼女が不幸な目に遭うのが本当に辛かったです。

終盤で「 私は不潔だわ 」と親友に涙ながらに告白するシーンがあります。

親友は「 あなたは悪くない 」と励まします。

このシーンのマーゴット・ロビーの涙は刮目してご覧になっていただきたいです。

いつの時代も悪い奴に権力を持たせるのはNGと改めて認識した作品でした。

考察・疑問点

ボス(社長)を訴えるということ

会社においてボスを訴えるということは、非常に現実的ではないのかもしれません。

セクハラ訴訟後、FOX社では意見が分かれます。

  • 被害を告白したい人
  • 被害者だけど今のキャリアを無駄にしたくない人
  • そもそも問題にあまり関わりたくない人
  • CEOを擁護しようとする人

彼女の言い分は、「 セクハラされたおかげで、今の仕事がある 」でした。

確かに告発すれば、キャリアがなくなってしまいますからね。

嫌な思いしたけれど、クビになるわけにはいかない。

この1シーンのみで、社員が上層部と戦うことはリスクがあると感じました。

だからといって、男にも女にも引けない時はあるよなあと感じてしまいましたね。

もし私がパワハラなどの対象になってしまった場合、どう生きていくのか?

これについて考えるキッカケになった作品でした。

ツイッターの声

Youtube

Youtubeは1000人超えましたので、本格化させていきます。

是非チャンネル登録お願いしますベリーマッチ。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

 

まとめ

今作は、女性に向けというよりも「 理不尽に負けるな 」と感じた作品。

職場で悩んでいる人は、今作を自身のエールとして感じるかもしれません。

ハーレクイン(3月公開予定)前に、マーゴット・ロビーの素顔を知る意味でもおすすめ。

▶︎ 映画ライターさんの投稿記事(まとめ)