さあ、映画ライターになろう

Disney+ (ディズニープラス) 映画「 メリー・ポピンズ 」ネタバレ感想レビュー、「 ウォルトディズニーの約束 」とセットで見るべし

メリー・ポピンズ

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@Yoko)さんからの投稿レビューです。

1964年にディズニー映画として製作されたミュージカル映画「 メリー・ポピンズ 」

公開から50年以上経った今でも世界中で愛されている名作の1つです。

見たことない人でも劇中で歌われている「 チム・チム・チェリー 」は1度は耳にしたことがあると思います。

そんな世界中で長年愛されている「 メリー・ポピンズ 」の世界をご紹介したいと思います。

▶︎ディズニープラス(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

Mary Poppinsメリー・ポピンズ

公開日

19651218

上映時間

139

キャスト

  • ロバート・スティーヴンソン(監督)
  • ハミルトン・S・ラスク(監督)
  • ジュリー・アンドリュース
  • ディック・ヴァン・ダイク
  • デヴィッド・トムリンソン

予告編

公式サイト

メリー・ポピンズ

ネタバレ・感想レビュー 

メリー・ポピンズ

好きだった点

アニメと実写が売りの作品の1つですが、物語自体にとても引き込まれます。

ディズニー作品ですが決して子ども騙しではなく、大人も楽しめる作品になっています。

子どもへ伝える描写と大人に伝える描写。

きっちり分けて描かれているので、大人も見ていて飽きることありません。

しかも大人の描写を子どもが見ても、子どもなりに理解できるようになっています。

父親の仕事の大変さをちゃんと描いていて、大人を悪者にしていない点が現実的だとも感じました。

嫌いだった点

大人から子どもまで皆が楽しめる作品なのですが、あえていうならアニメの描写が長いかなと思いました。

きっと子どもは喜ぶシーンなので、子どものために長くしたのかなと感じました。

見どころ

「 メリー・ポピンズ 」の売りの1つである実写とアニメの合成。

1964年にこれを長編映画として製作できたのは、さすがディズニーだと思いました。

それ以外にもメリー・ポピンズの魔法は合成ですが、それも映画が製作された時代を考えると凄いなと純粋に思います。

そして何と言ってもメリー・ポピンズを演じたジュリー・アンドリュースの綺麗な歌声に吸い込まれてしまいます。

綺麗で美しい彼女の歌声は、今聞いても心が清々しくなってしまいます。

子どもの頃にこんな乳母がいたらなーと思わず思ってしまいました。

考察

今作を見たら是非とも見ていただきたいのが、前にご紹介した「 ウォルトディズニーの約束 」です。

「 ウォルトディズニーの約束 」では「 メリー・ポピンズ 」の誕生秘話が描かれています。

その映画を見ると、今作がなぜ大人のためにも作られているかを知ることができます。

2つの作品を見ることで「 メリー・ポピンズ 」をより楽しむことができきるはずです。

そして「 メリー・ポピンズ 」だけしか見たことがなかった人は、「 ウォルトディズニーの約束 」を見ると「 メリー・ポピンズ 」を今までとは違う視点で理解できるはずです。

2つで1つ、それが「 メリー・ポピンズ 」と「 ウォルトディズニーの約束 」です。

Youtubeチャンネル

今年からYoutubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)

まとめ 

メリー・ポピンズ

世界中で多くの人に愛されるづけてきた「 メリー・ポピンズ 」

製作されてから50年以上経った今見ても、面白い作品です。

そして、大人から子どもまで楽しめる作品なので、この夏に家族で見るのもいいかもしれません。

古さを感じない名作それが「 メリー・ポピンズ 」なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。