映画ライター募集中

「 ジェイソン・ボーン 」シリーズはこの順番で見るべし

ジェイソン・ボーンシリーズ

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

映画シリーズを極めし者の称号を得るため日々奮闘しています。

↓ ↓ ↓ ↓

CIAの極秘ミッションに参加した男ジェイソン・ボーン。

しかし、彼は記憶を失くしてしまい、自分が何者なのか分からなくなってしまいました。

記憶を失くした男が、自分の正体を知るために謎を解いていく映画、それがボーン・シリーズです。

毎回登場する激しいカーアクションは圧巻。

▶︎ おすすめ映画シリーズ(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

ジェイソン ・ボーンシリーズ

ジェイソン・ボーンシリーズ

シリーズ公開順

  • ボーン・アイデンティティ(2003年)
  • ボーン・スプレマシー(2005年)
  • ボーン・アルティメイタム(2007年)
  • ボーン・レガシー(2012年)
  • ジェイソン・ボーン(2016年)

シリーズは公開順に見ていきましょう。

ボーン・レガシーはスピンオフ作品と考えてもOKです。

ボーン・アイデンティティ

The Bourne Identityジェイソン・ボーンシリーズ

公開日

2003125

上映時間

119

キャスト

  • ダグ・リーマン(監督)
  • マット・デイモン
  • フランカ・ポテンテ
  • クリス・クーパー
  • ブライアン・コックス

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

CIAの人間兵器養成計画トレッドストーン。

その計画に参加したのがジェイソン・ボーンでした。

しかし、彼は任務失敗で記憶を失くしてしまいます。

彼に何があったのか?

そして彼は一体何者なのか?

謎解きのように進むスリリングな展開に多くの人が夢中になってしまいました。

ボーン・スプレマシー

The Bourne Supremacy ジェイソン・ボーンシリーズ

公開日

2005211

上映時間

108

キャスト

  • ポール・グリーングラス(監督)
  • マット・デイモン
  • フランカ・ポテンテ
  • ジョアン・アレン

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

自分の正体が分かっても悪夢を見続けているジェイソン・ボーン。

悪夢の正体を突き止めると同時に、恋人を殺した男との戦いが始まりました。

しかも、爆破事件の犯人にされてしまったジェイソン・ボーンには安らぐ時間はありません。

後半のカーチェイスシーンは、激しすぎて目が回ってしまうほどでした。

ボーン・アルティメイタム

The Bourne Ultimatum ジェイソン・ボーンシリーズ

公開日

20071110

上映時間

115

キャスト

  • ポール・グリーングラス(監督)
  • マット・デイモン
  • ジョアン・アレン
  • ジュリア・スタイルズ

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

「 ボーン・アイデンティティ の直後から始まる物語でして、CIAでは新たな作戦が始まっていました。

今作で初めてジェイソン・ボーン誕生秘密が明かされます。

3作通じてやっとジェイソン・ボーンの全ての謎が解けます。

 

 

ボーン・レガシー

The Bourne Legacy ジェイソン・ボーンシリーズ

公開日

2012928

上映時間

135

キャスト

  • トニー・ギルロイ(監督)
  • ジェレミー・レナー
  • レイチェル・ワイズ
  • エドワード・ノートン

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

「 ボーン・アルティメイタム 」と同時に進んでいたもう1つの物語。

スピンオフ的存在の作品です。

主役もジェイソンボーンではなく、アーロン・クロスとなりジェレミー・レナーが演じています。

こちらの作品の方が豪華キャストが登場する作品でした。

ただ、ジェイソン・ボーン好きには謎解きが少なく物足りない感がありました。

ジェイソン・ボーン

Jason Bourne ジェイソン・ボーンシリーズ

公開日

2016107

上映時間

124

キャスト

  • ポール・グリーングラス(監督)
  • マット・デイモン
  • トミー・リー・ジョーンズ
  • アリシア・ヴィキャンデル
  • ジュリア・スタイルズ

予告編

公式サイト

なし

感想レビュー

最強人間兵器ジェイソン・ボーン復活。

CIAから隠れながら生活を送っていたボーンが、またまたCIAと対決です。

今度は自分の父親とトレッドストーンの関係が描かれまして、謎解きになっています。

どんなにボーンが作戦を暴いても、次々と秘密作戦を作り続けるCIAに恐怖を感じてしまいました。

1 2