さあ、映画ライターになろう

映画「 野生の呼び声 」ネタバレあり解説、フルCGで描かれた犬のバックに一生ついていきたいと思った作品でした

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ハリソン・フォード主演「 野生の呼び声 」感想レビューです。

サクッといきましょう。

作家ジャック・ロンドンが1903年に発表した冒険小説「 野生の呼び声 」の実写映画化!

アメリカでは学校の教科書に載るほど人気・知名度ともに高い小説です。

主演は「 スター・ウォーズ 」「 インディ・ジョーンズ 」をはじめ、数々の伝説を残してきた名優ハリソン・フォード。

今作ではラフな服装に白ひげをたくわえ、ワイルドさが増しています。

主人公と過酷な運命を背負い続けてきた名犬バックとの出会い。

どんな時も相棒がいれば、最高の冒険になる。

人類未踏の地に挑戦する男と犬の壮大な物語が始まる!

▶︎ おすすめ洋画(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

野生の呼び声(作品情報)

The Call of the Wild野生の呼び声

公開日

2020年2月28

上映時間

99

キャスト

  • クリス・サンダース(監督)
  • ハリソン・フォード
  • ダン・スティーブンス
  • オマール・シー
  • カレン・ギラン

予告編

公式サイト

野生の呼び声

ネタバレ・感想レビュー

野生の呼び声

好きだった点

名犬バックを主軸にストーリーが展開していく今作。

動物たちのリアルなコミニュケーションから目が離せません。

バックをはじめとする犬たちの行動や表情の1つ1つから、ダイレクトに感情が伝わります。

言葉のない動物同士の場面も多数あり、映像作品だからこそできる見せ方が豊富でした。

この作品ではバックの主が計4回変わります。

最後がハリソン演じる主人公ソーントンです。

主人によって動物に対する想いや接し方が違うのでそこも注目。

嫌いだった点

本当に個人のわがままになりますが、カレン・ギランの出番が少ない。

やっと出てきた!と思ったんですけどちょっとだけでした。

原作もあり、役柄としても無理があるのだと思いますけど少し残念。

見どころ

迫力の冒険を彩る豪華俳優たち!

フランス俳優オマール・シー。

「 最強のふたり 」で車いす押していた頃が懐かしい。

そり犬たちと郵便を届ける男を演じます。

仕事で精一杯ですが、バックのために涙するなど優しい一面も。

物語前半はこちらの話がメインです。

口ひげを生やした英国俳優ダン・スティーブンス。

「 美女と野獣 」の野獣役で有名です。

イケメン、性格は最悪、さらに金に目がくらんでいる。

ハマってました。

これからも悪い役をバシバシこなしてほしいです。

そしてハリソン・フォード。

渋い。いい感じに歳を重ねてます。

物語中盤、殴られそうになるバックの前に無言で立ちはだかる姿。

かっこよすぎる。

彼はいつの時代もアツいヒーローでした。

いったい次はどんな冒険を見せてくれるのでしょう。

ツイッターの声

Youtube

Youtubeは1000人超えましたので、本格化させていきます。

是非チャンネル登録お願いしますベリーマッチ。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

    • 最新の映画情報
    • 映画グッズの通販情報
    • お得な割引クーポン
    • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

まとめ

野生の呼び声

言葉を超えた人間と動物の絆。

とても丁寧に描かれた感動作です。

少し前の作品ですが、ポール・ウォーカー主演作「 南極物語 」の感動が蘇りました。

この作品も犬がテーマです。

多くの映画では、人間と動物の関係が「 家族・親友・相棒 」として描かれとても大事にされています。

現実でもそうあってほしいと強く願います。

今回は、ペンネーム(@yamamon69)さんからの投稿レビューでした。

犬というのは、古代から最も人類と共に長く歩んできた動物なのです。

遺伝子レベルで人間との共存本能が刻まれているのでしょう。

人類と犬との絆は最高ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。