「 ターミネーター 」シリーズはこの順番で見るべし

こんにちは、Johnです。

シリーズものを極めし称号を得るため、人気映画シリーズを紹介していきます。

今回のシリーズは、ターミネーター。

ターミネーターシリーズといえばこの人。

アーノルド・シュワルツェネッガー。

彼抜きにして、このシリーズを語ることはできません。

公開年度順、時系列順でみていきましょう。

本シリーズは時系列が複雑なので、頭を整理していきましょう。

▶︎ 最高の映画シリーズ(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより 
(アイキャッチ画像含む)

ターミネーター

ターミネーター

©ターミネーター

公開日

1985年5月25日

原題

The Terminator

上映時間

108分

キャスト

  • ジェームズ・キャメロン(監督)
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • マイケル・ビーン
  • リンダ・ハミルトン

予告編

感想レビュー

これを見ずしてターミネーターは語れません。

必ずみておきたい。

サラ・コナーとカイル・リースとの間に生まれた子どもが、のちに人類の救世主となるジョン・コナーです。

ストーリー中盤でアツすぎるベッドシーンが出てくるのですが、当時のぼくには刺激が強すぎました。

子どもの頃、リアルに鼻血でそうでした。

T800(敵)は、2029年から1984年の世界に送り込まれます。

T-800
味方 カイル・リース

作品評価

作品評価
映像
(3.5)
脚本
(4.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.5)
グロ度
(2.0)
総合評価
(3.5)

ターミネーター2

ターミネーター2

©ターミネーター2

公開日

1991年8月24日

原題

Terminator2 Judgment Day

上映時間

137分

キャスト

  • ジェームズ・キャメロン(監督)
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • エドワード・ファーロング
  • リンダ・ハミルトン
  • ロバート・パトリック

予告編

トリビア

今作でサラコナーが2人登場するシーン。

あれはリンダハミルトンの双子の妹でして、CGではありません。

手前のサラコナーが本人でして、後ろから撃ったサラコナーが双子のお姉さん。

感想レビュー

シリーズで最も評価されている作品。

パート2が傑作すぎまして、小学生の頃から何度みたことか。

シュワちゃんめっちゃカッコイイですよね。

悪ガキのジョン・コナーも登場します。

T1000(敵)は、2029年から1994年の世界に送り込まれます。

前作で敵だったT-800が味方として再びサラ・コナーの前に現れます。

T-800とジョンがお別れする最後のシーン、これは超名シーンと呼ぶにふさわしいでしょう。

T-1000
味方 T-800

作品評価

作品評価
映像
(4.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(4.5)
音楽(BGM)
(4.5)
リピート度
(5.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(4.5)

ターミネーター3

ターミネーター3

©ターミネーター3

公開日

2003年7月12日

原題

Terminator 3 Rise of the Machines

上映時間

110分

キャスト

  • ジョナサン・モストウ(監督)
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • ニック・スタール
  • クレア・デーンズ
  • クリスタナ・ローケン

予告編

感想レビュー

作品としての評価があまりよろしくないですが、つまらないかと言われたらそうでもなく、どちらかというと僕は好きでした。

女版ターミネーターが登場しまして、シュワちゃんとの迫力バトルが展開されます。

T-X(敵)は、2032年から2004年の世界に送り込まれた女型ターミネーター。

大人になったジョン・コナーが登場しますが、サラ・コナーは死んだ設定になっていますね。

T-X
味方 T-850

作品評価

作品評価
映像
(3.5)
脚本
(2.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(2.0)
リピート度
(2.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(2.0)

1 2 3