【 ディズニープラス 】「 ソウルフル・ワールド 」考察レビュー、ピクサー初の黒人が主人公のアニメーション作品

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(けんけん@エンタメ・書籍専門要約ライター )さんからの投稿レビューです。

ピクサーからのクリスマスプレゼント。

劇場公開予定だったピクサー作品がディズニープラスで独占放送。

嬉しいよな、悲しいような。

主人公は大人の黒人男性、しかも題材はジャズ。

地味すぎるけど大丈夫?

と心配しましたが、見事に大人・子供にも響く作品でした。

歴代ピクサー作品で一番良かったかも!

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ソウルフル・ワールド(作品情報)

ソウルフル・ワールド

©ソウルフル・ワールド

公開日

20201225

原題

Soul

上映時間

101

キャスト

  • ピート・ドクター(監督)
  • ジョー(声:ジェイミー・フォックス、浜野謙太)
  • 22番(声:ティナ・フェイ、川栄李奈)

予告編

公式サイト

ソウルフル・ワールド

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(5.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(4.0)

 

ソウルフル・ワールド(感想レビュー)

ソウルフル・ワールド

©ソウルフル・ワールド

  • 「 インサイド・ヘッド 」⇨ 脳内の世界
  • リメンバー・ミー 」⇨ 死後の世界
  • 「 ソウルフル・ワールド 」⇨ 生まれる前の世界

今作はディズニー、ピクサーとして、初の黒人文化を描いたアニメでもあります。

ホントかよ! 

と思ってしまうのは、80年代からの「 美女と野獣 」「 ライオンキング 」「 アラビアンナイト 」など、

ディズニーアニメの楽曲ベースのほとんどがブラックミュージックにあるからでしょう。

ジョー(主人公)は、ジャズピアニストに憧れながらも夢叶わず、中学の音楽教師をしています。

と言っても非常勤扱いで、ようやく常勤に認められた当日。

憧れのライブハウスで目標だったサックスプレイヤーのステージに招かれます。

夢がかなって有頂天になっていると、開いていたマンホールの穴に落下。

気がつくと死後の世界へ‥。

やっと掴んだ夢を手放したくない彼は、天国への道を逆走。

たどり着いた場所は、まだ生まれる前の世界「 ソウルフル・ワールド 」でした。

好きだった点

ジョーはソウルフル・ワールドで何百年経っても、人間として地上に降りたくない魂22番と知り合いに。

22番は人生で「 楽しい・辛い 」を経験したことがないのに、社会はツマラナイと決めつけるキャラクター。

ひょんなことから、ジョーの魂と共に地上に降りてきます。

手違いでジョーの体に22番の魂が宿り、ジョーの魂は猫の中へ。

22番があれほど嫌がっていた地上の世界はすべてが新鮮。

「 食べる、走る、見る、触る 」全てにキラメキを感じ、元に戻るのがイヤになって逃げ出します。

22番の心情変化が、ジョーの心にも影響を引き起こす。

夢を叶えることが人生の目的だと信じて疑わなかったジョーですが、いざ夢を叶えてみると、本当に大事なのは「 日常を大切に生きる 」ことだと気付く。

今まで惨めだと思っていた音楽教師の仕事にも、生徒たちとの触れ合いなど大切な宝物があった。

ありがちな映画では成功を掴んで終わるところ。

本当の幸せとは? 

生きるとは?

を感じさせてくれる深い内容でした。

嫌いだった点

大人には響く作品でしたが、子供や幼年にとってはどうかなと心配です。

子供の頃には分からなくても、大人になって見て理解してくれたら嬉しいです。

見どころ

ソウルフル・ワールドの世界は、現実世界を皮肉っていて面白い。

マザーテレサやモハメド・アリなど、歴代の著名人が登場してクスッと笑えシーンも。

なんと言ってもジャズの演奏のシーンですね。

今までCGアニメで音楽を演奏するシーンは多くありました。

大体デフォルメされていた世界ですけれど、今作は本当にジャズの演奏。

全く違和感なく、本当にジョーのライブに来ている感じ。

考察レビュー

ソウルフル・ワールドで魂になっている姿は、とても可愛くて抽象的な世界。

現実のジョーの暮らしているリアルな世界とのギャプが絶妙です。

現実世界は写実的というより、質感、ぬくもり・重みが伝わってくる(今作のキモの部分)

ピザの切れ端や、木漏れ日や落ち葉など、22番が「 生きたい 」と思えるキラメキを感じる重要なパーツです。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

ソウルフル・ワールド

©ソウルフル・ワールド

落ち込んだとき、自分の原点を見つめ直したいとき。

何度もリピートしてしまう宝物のような作品になる気がします。

脚本を書いたケンプ・パワーズが、自身のルーツ=黒人文化を正確に伝えようとする真摯な姿は、ディズニープラスの「 ピクサーの舞台裏 」シーズン1の第1話で視聴可能。