映画ライター募集中

【 ピクサー映画 】歴代作品はこの順番でみるべし(永久保存版)

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

最近は、ディズニー実写版の勢いが止まりません。

ところで皆さん、ピクサーといえば何を思い浮かべますか?

やはり、アニメーションといったところでしょうかね。

もとはルーカスフィルムから分離したアニメーション部門がピクサーの前身でして、アップルコンピューターを退社したスティーブ・ジョブスによって買収、その後、会社名がピクサーとなりました。

現在のピクサーは、ディズニーの完全子会社です。

今回は、歴代のピクサー作品を振り返っていきましょう。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより 
(アイキャッチ画像含む)

 

ピクサー作品

前編

ピクサー作品は、全21本(2020年 現在)

新作は随時、追加していきます。

MCUインフィニティ・サーガ(フェイズ1〜3)に匹敵する作品本数です。

深ぼりする前に、どんな作品があるのかを知っておくと頭がスッキリします。

まずは、公開順にみていきましょう。

作品が多いので、見やすいように前編、後編に分けてみました。

  • トイ・ストーリー
    (1996年3月23日)
  • バグズ・ライフ
    (1999年3月13日)
  • トイ・ストーリー2
    (2000年3月11)
  • モンスターズ・インク
    (2002年3月2日)
  • ファインディング・ニモ
    (2003年12月6日)
  • Mr.インクレディブル
    (2004年12月4日)
  • カーズ
    (2006年7月1日)
  • レミーのおいしいレストラン
    (2007年7月28日)
  • ウォーリー
    (2008年12月5日)
  • カールじいさんの空飛ぶ家
    (2009年12月5日)

 

 

後編

箇条書きって一気にみると目が疲れるんですよね。

個人的にはバグズ・ライフが好きです。

はい、後半いきましょう。

  • トイ・ストーリー3
    (2010年7月10日)
  • カーズ2
    (2011年7月30日)
  • メリダとおそろしの森
    (2012年7月21日)
  • モンスターズ・ユニバーシティ
    (2013年7月6日)
  • インサイド・ヘッド
    (2015年7月18日)
  • アーロと少年
    (2016年3月12日)
  • ファインディング・ドリー
    (2016年7月16日)
  • カーズ クロスロード
    (2017年7月15日)
  • インクレディブル・ファミリー
    (2018年8月1日)
  • リメンバー・ミー
    (2018年3月16日)
  • トイ・ストーリー4
    (2019年7月12日)

ディズニーとピクサー作品は、混同している人がいますので、これを機にスッキリさせておきましょう。

以降は、作品情報を中心に解説します。

長くなると思いますので、暇な時にでもコーヒー片手に読んでみてください。

トリビア

ディズニー映画10作品以上に登場するA113という秘密のコード名。

これは1986年2月3日に設立されたピクサー社の起源でして、ピクサー社で後に活躍するクリエイターたちが通ったカルフォルニア芸術大学の教室名なのです。