【 Netflix 】「 少女は、踊る 」考察レビュー

  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@流理英さんからの投稿レビューです。

1841年にフランスで初演されたバレエ作品「 ジゼル 」をモチーフに描かれた二幕からなる作品。

バレエ作品である「 ジゼル 」も二幕からなる。

バレエを題材にした作品は、「 ブラック・スワン 」(2010年)や、「 ミッドナイトスワン 」(2020年)等があるが、この作品もサスペンス色が濃い作品となっている。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

少女は、踊る

少女は、踊る
©︎少女は、踊る

公開日

2022年4月8日

原題

Las niñas de cristal

上映時間

139分

キャスト

  • ホタ・リナレス(監督)
  • マリア・ペドラサ
  • パウラ・ロサダ
  • モナ・マルティネス
  • フアンホ・アルメイダ

予告編

公式サイト

少女は、踊る

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

冒頭、マリアという少女が飛び降りるシーンから始まります。

彼女が飛び降りた理由は?

プリンシパルに選ばれていた事との関係は?

ミステリーのような、サスペンスのような物語の幕開けです。

ここでは、さらに「 眠れる森の美女 」も登場。

「 白鳥の湖 」は登場しませんが、既出作品が多いからでしょうか。

「 眠れる森の美女 」ことアウロラと、主人公のイレネは共依存関係にあります。

それが後に悲劇を生むことになるのですが、ここで詳しく述べるのは差し控えておきます。

カンパニー代表であるノルマという女性がキーパーソンであり、女性中心の作品となっています。

「 ジゼル 」の舞台を成功させるためなら何でもするという女帝タイプです。

ファンタジー的要素も含まれており、最後はイレネとアウロラの行動に注目です。

まとめ

少女は、踊る
©︎少女は、踊る

ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのかは観る人によって違うと思います。

イレネとアウロラにとっての幸福とは何か。

それは、観る人それぞれだと思います。

あなたには、ふたりの幸せが何だったか、考えることになるでしょう。

僕は、ふたりは幸せになったと思いました。




少女は、踊る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる