Netflix「 グレイト・ナショナルパーク 驚きに満ちた世界 」世界の国立公園を知る

当ページの画像はIMDbまたは公式サイトより引用
  • URLをコピーしました!

エメラルドグリーンのハナウマ湾を歩くひとりの男性。

自然を愛する元大統領バラク・オバマにとっては庭のような場所。

次世代たちのために、地球の自然を守りたい、と熱弁するオバマ氏のナレーションとともに、世界の素晴らしい国立公園(ナショナルパーク)をめぐり、自然の美しさに触れる旅に出ましょう。

元アメリカ大統領のバラク・オバマの案内で、世界各地の美しく広大な国立公園にスポットライトを当て、自然の素晴らしさを伝えるドキュメンタリーシリーズ。

Netflix
目次

グレイト・ナショナルパーク 驚きに満ちた世界

原題

Our Great National Parks

公開日

2022年

上映時間

51分

予告編

キャスト

  • バラク・オバマ

公式サイト

グレイト・ナショナルパーク 驚きに満ちた世界

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • 総合評価

解説・考察レビュー

©︎Our Great National Parks

副題の「 ワールド・オブ・ワンダー 」とは、環境問題に警鐘を鳴らしたレイチェル・カーソンの「 センス・オブ・ワンダー 」に敬意を払っているのでしょう(余談ですが、同作は中国SF「 三体 」の原作中にも登場します)

世界各地の国立公園を題材に全5話で展開される今作は、オバマ氏が、エミー賞において「 ナレーター賞 」を受賞しています。

オバマ氏は8年の大統領任期中に、環境保護を推し進め、総面積5億5,000万エーカー(1エーカー=12坪=サッカーグランド1つ分)の土地と海を公有化し、自然保護化を実現させました。

この記事では、第1話で登場した国立公園を紹介します。

ハワイ州 – ハナウマ湾 

©︎ハワイ州ハナウマ湾 

オバマ氏の母は妊娠中、よく浜辺に座って海の音を聞き、打ち寄せる波を眺めていたそうです。

オバマ氏が6歳の時、ハナウマ湾は自然保護区に指定され、未来の子供たちのために自然を守りたいという動きが世界中に広がります。

保護区は日々の疲れを癒し、子供達にひらめきを与え、絶滅危惧種を守り、科学的調査の場となります。

また、気候を調整し、空気を浄化させ、水をキレイにします。

現在、保護区は自然と野生動物にとって、最後の「 砦 」と言えるでしょう。

ハナウマ湾 〜 ハワイのオアフ島にある自然保護区で、美しいサンゴ礁と豊かな海洋生物が特徴。スノーケリングやダイビングで有名。

ガボン – ロアンゴ国立公園

ガボンのロアンゴ国立公園は、熱帯雨林にすむ動物たちの楽園。

砂浜ではバッファローが海塩のついた草を食べ、アカイワイノシシが、新鮮な海産物を探し、マルミミゾウは巨大なオサガメと戯れています。

見どころは、昼間、日光を避けるため沼にいる体重3トンのカバが海を泳ぐシーン。

ここは、大西洋でカバが見られる唯一の場所。

乗れる波を待ち、うねりに乗って、夜の採食場に到着。

きちんと保護すれば、このように自然は、まだまだ我々を驚かせてくれるのですね。

ロアンゴ国立公園 〜 中央アフリカに位置し、密林、サバンナ、河川が広がる豊かな自然保護区。象やゴリラなど多様な野生動物が生息し、世界最大のサルの群れも見られる。地球最古の生態系の1つとされ、生物多様性の宝庫として重要視されている。

アフリカ東部 – マダガスカル島

©︎マダガスカル島

間にある林(ツィンギー)は、希少な生物の宝庫。

絶滅寸前のキツネザル、デッケンシファカは、他の霊長類同様、主に樹上に暮らしますが、乾季の真っ只中、食料がなくなると新鮮な食べ物がある岩と岩の間の林に移動します。

岩から岩へとジャンプを繰り返すシファカ、母親にしがみつく赤ちゃん、彼らを狙う猛禽類。

見事な映像に目が釘付けになりますよ。

マダガスカル島 〜 世界でも類まれなる生物多様性を誇る島。固有の植物や動物が多数生息し、絶滅の危機に瀕する種も存在する。マダガスカルは自然保護の重要性が高く、独自の生態系や文化が観光客を魅了している。

日本 – 屋久島国立公園

©︎屋久島国立公園

古代の森が広がり、地面はコケに覆われて、アコウなどの根が張り巡らされ、樹齢千年以上の巨大な杉が、高くそびえている、屋久島国立公園。

離島の生き物は、独自に進化し、多くは本土の近隣種より小さくなります。

ニホンジカは、体長わずか90センチ。猿の群れとの共生。猿が樹上から取りこぼした果実を、鹿たちが食べます。

そのお返しに、猿は背中に乗って、しばし戯れるのでした。

屋久島国立公園 〜 屋久島を中心に広がる自然保護区であり、世界自然遺産に登録されている。古代の森や巨大なヤクスギが特徴であり、豊かな生態系が息づく。ハイキングやトレッキングのメッカとして知られ、自然愛好家や登山家に人気が高い。

コスタリカ – マヌエル・アントニオ国立公園

ミユビナマケモノ(ズートピアでもおなじみ)は、哺乳類の中で最も退社が遅く、エネルギーを無駄にしません。

彼らは雨の後、驚くべき魔法のように、体毛が緑色に変化します。ナマケモノにしか生えない藻です。

体毛のミクロの世界では、80種類以上の生物が暮らしているのです。

マヌエル・アントニオ国立公園 〜 太平洋岸に位置し、美しいビーチと密林が融合する自然保護区。多様な生物が生息し、特に多くの種類のサルや鳥類が観察される。トレッキングやカヌー、サーフィンなどのアクティビティが楽しめ、自然愛好家やアドベンチャー好きに人気が高い。

オーストラリア – カカドゥ国立公園

©︎カカドゥ国立公園

オーストラリアの北岸を25万羽ほどの、カササギガンが、カカドゥ国立公園へ移動し、浅瀬のシログワイを食べます。

一方、世界最大の爬虫類、イリエワニは、海と川の繋がる、カーヒルズクロッシングへ移動します。

川の水位が上昇し、海からやってきた大量のボラが、川を上り産卵場所へ向かうために横断路を飛び越え、それを、全身をセンサーにしたワニが捕食するのです。

必見のシーン。

カカドゥ国立公園 〜 ノーザンテリトリー州に位置し、世界遺産に登録された自然保護区。広大な砂岩地形や湿地、川が特徴であり、多様な動植物が生息している。アボリジニ文化の遺産も豊富で、岩絵や遺跡が点在し、歴史と自然が調和した美しい景観が魅力。

グレートバリアリーフ

©︎グレートバリアリーフ

全長2300キロに渡って暗礁や島々が連なる、世界最大のサンゴ礁。

絶滅危惧種のアオウミガメの9割が、毎夏、何千匹ものカメが太平洋を長距離移動し、この島へやってきます。

ここでは、毎年100万個近い卵が産み落とされます。

1,000年前からずっと。

しかし、気候変動の加速が、重大な影響を及ぼしています。

アオウミガメの性別は、巣の中の温度で決まるのですが、砂の温度が上昇したため、ここで生まれた99パーセントが雌なのでした。

グレート・バリア・リーフ 〜 世界最大のサンゴ礁であり、オーストラリアの東海岸沿いに広がる自然遺産。豊かな海洋生物が生息し、数多くの種類のサンゴや魚、ウミガメなどが見られる。スノーケリングやダイビングで世界的に有名。美しい珊瑚とクリアな海水を楽しむことができる。

ルワンダ – ヴォルカン国立公園

©︎ヴォルカン国立公園

虐殺によって傷ついた国は立て直されました。

国が安定すると、自然保護を最優先に。

境界の向こう側には、絶滅危惧種のマウンテンゴリラが生息。

森の中だけはなく、人間たちに見守られながら森の外にも出られます。

お互いが傷つけられることはありません。

農家の人たちも損をすることはなく、野生動物たちによって食べられた農作物も、観光事業の収益で補填され、地域事業に還元されます。

人と自然が共存できるという好例です。

ヴォルカン国立公園 〜 ウガンダやコンゴとの国境地帯に広がる保護区。特にゴリラの保護活動が知られ、野生のゴリラを観察することができる。他にも絶滅の危機に瀕するゴールデン・モンキーや多くの鳥類が生息している。

まとめ

国立公園と生物たちを守るためには、積極的な保護活動が大切です。

私たちは様々な形で自然と繋がっています。

驚きに満ちた世界の国立公園を、ぜひ一緒に巡って行きましょう。

あわせて読みたい
Netflix「 グレイト・ナショナルパーク 驚きに満ちた世界 」第2話、チリ領パタゴニアに旅行したい オバマ氏が妻と娘たちと、数年前にチリ領パタゴニアで目にしたのは雪をかぶった山々、澄み切った湖、手つかずの自然でした。 パタゴニアでは、しっかりとした保護が急速...
執筆者

文・ライター:ジョナさん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次