▶︎ さあ、映画ライターになろう

【 Netflix おすすめ 】「 君の心に刻んだ名前 」考察レビュー、LGBTQが認められるまで30年かかった台湾

君の心に刻んだ名前

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@パラム)さんからの投稿レビューです。

台湾のLGBTQ映画です。

1987年から現代までの、ある同性愛者たちの初恋の歴史を見ることができます。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

君の心に刻んだ名前(作品情報)

君の心に刻んだ名前

©IMDb

公開日

20201223

原題

Your Name Engraved Herein

上映時間

113

キャスト

  • リウ・クァンフイ(監督)
  • エドワード・チェン
  • ツェン・ジンホア

予告編

公式サイト

君の心に刻んだ名前

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(4.0)

 

君の心に刻んだ名前(感想レビュー )

君の心に刻んだ名前

©IMDb

好きだった点

学生時代から30年の時を超えて、50代になったバーディーとアハンが描かれている点。

あの時は若さゆえに突っ走ってしまったことも、今なら落ち着いて受け止められる。

時間を経たからこそ得られた2人のエンディングがよかったです。

ハッピーエンドと言ってもいいのではないでしょうか?

学生時代と30年後の彼らが交差するような登場の仕方も面白く、まるで舞台を見ているような感覚に陥りました。

嫌いだった点

50代になったアハンを演じたレオン・ダイが、バーディーに肩を叩かれ振り向いて驚くシーン。

女性のような仕草がちょっとやりすぎでは?と唯一、気になったシーンです。

レオン・ダイが、アハン役を見事に演じていました。

ちなみに、彼は第15回大阪アジアン映画祭ではこの役で賞を受賞。

見どころ

エンドクレジットでは本編では描かれていなかった未公開シーンが流れます。

表向きでは堂々と言えなかった2人の気持ちが、表情や仕草にしっかり表れている点に注目。

エドワード・チェン(学生時代のアハン役)と、ツェン・ジンホア(同じく学生時代のバーディー役)の演技が素晴らしかったです。

後にバーディーと親しくなるバンバンという女性が現れてから2人の関係がこじれていくあたり。

アハンはのけ者にされた苦しみにもがき、バーディーは意図的にアハンを遠ざけるような真似ばかりするのですが、互いを愛していたからゆえの行動だったのか、

というのがラストでヒシヒシと伝わってきて目頭が熱くなります。

君の心に刻んだ名前(考察レビュー)

君の心に刻んだ名前

©IMDb

今作の舞台となった1987年は、台湾では戒厳令解除直後ということで、様々なことが激変していくまさに混沌とした時代でした。

そんな中でアハンとバーディー2人が愛を育めるわけもなく。

数十年経過し世の中が変わっていっても、周りを見渡すと同性愛者に対しての周囲の差別的発言や、当事者たちの生きづらさは続いているのだと気付かされます。

しかし、2019年台湾でアジア初となる同性婚の法制化が実現。

LGBTを認める動きも世界各地で活発化してきており、希望を感じます。

今作は監督自身の経験談も織り交ぜており、「 時代を超えた同性愛者の恋 」を描いてみたかったのではないでしょうか?

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

君の心に刻んだ名前

©IMDb

台湾のLGBT作品は初めて鑑賞。

いや、台湾映画自体あまり馴染みがなかったのですが、今作を鑑賞しとても魅了されました。