【 Netflix おすすめ 】「 アスファルト・バーニング 」考察レビュー、ツッコミどころ満載だけど車が好きなら見てくれ

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@星埜まひろ)さんからの投稿レビューです。

人を愛するために、男たちはどこまで走り抜くことができるのでしょうか。

愛のために繰り広げられるカーチェイスは必見。 

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

アスファルト・バーニング(作品情報)

アスファルト・バーニング

©IMDb

公開日

202012

原題

Børning3

上映時間

100

キャスト

  • ハルヴァルド・ブレイン(監督)
  • アンドレス・バースモ・クリスティアンセン
  • カトリーヌ・トールボリ・ヨハンセン
  • イーダ・フーソイ
  • オットー・イェスパーセン

予告編

公式サイト

アスファルト・バーニング

作品評価

五つ星
映像
(3.0)
脚本
(1.0)
キャスト
(1.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(1.0)
グロ度
(2.0)
総合評価
(2.0)

 

アスファルト・バーニング(感想レビュー)

アスファルト・バーニング

©IMDb

好きだった点

シリーズ3部作目ですが、今までの作品を見ていなくても楽しめます。

とにかく、カーアクションの嵐。

作品を見ている間、瞬きする暇もないほどのスピード感です。

作品の時間もそれほど長くはないので、見やすさも抜群。

スピード感あるストーリーですが、登場人物の様々な思惑や出来事が盛り沢山で、内容の濃さも充実しています。

主人公と同じ名前の登場人物が何人か現れて、恋人と喧嘩になってしまうシーンがアンジャッシュのコントを見ているみたいで面白かったです。

ライバル役の女性が終始カッコ良く、あんな女性になら奪われたいと目がハートになってしまいます。

車と音楽は隣り合わせにあるのだなと実感しました。

嫌いだった点

他のカーアクション作品と比べると、物足りなさを感じてしまう点もあります。

走る理由が少し薄っぺらい部分があり、感情移入ができない部分がありました。

このシーンいらないのでは?

と思う部分もいくつかありました。

カーアクションシーンが多いことは良いのですが、むやみやたらにやられても、ありがたみが減ってしまって盛り上がりに欠けてしまいます。

見どころ

愛のために走るというストレートな理由が熱い。

諦めない心、負けない強さ、色々なことを学べる作品です。

考察レビュー

愛とは、愛のためとは一体なんでしょうか。

今作を通して、愛はただの愛だけど、愛のためという言葉は、自分のためだなと実感しました。

カーレースで勝った者が花嫁を手に入れるという冒頭。

そんな賭けごとは果たして良いものかと。

ロマンなのでしょうか。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

アスファルト・バーニング

©IMDb

ツッコミどころ満載の作品ですが、カーアクションはかっこいいです。