【 Netflix おすすめ 】なぜ殺したの?(SNSの闇)

ジョンさん

今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

映画ライフ楽しんでますか?

2006年2月24日の夜、24歳の少女が銃殺されます。

なぜ? 

誰が?

遺族が犯人を捜すために、とった手段とは?

Netflixによる犯罪実話ドキュメンタリー。

この記事では、今作の魅力と、オススメの犯罪ドキュメンタリーについて書いてみます。

なぜ殺したの?

なぜ殺したの?

©なぜ殺したの?

公開日

2021年4月14日

原題

Why Did You Kill Me?

上映時間

83分

キャスト

フレデリック・ムンク(監督)

予告編

公式サイト

なぜ殺したの?

作品評価

五つ星
映像
(2.0)
脚本
(2.0)
キャスト
(1.0)
音楽(BGM)
(2.0)
リピート度
(1.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(2.0)

なぜ殺したの?(感想レビュー)

なぜ殺したの?

©なぜ殺したの?

好きだった点

当事者たちのインタビューと事件の検証で成り立っている点。

娘を失った遺族である母親が、心の傷の癒されていない印象の父親とは対照的に、何となく生き生きしているのには違和感があります。

その理由については、後述します。

遺族たちは警官を頼りにせずに、SNSを頼りにして犯人捜しを始めます。 

行方不明の娘を巡って、PCモニターだけで展開する「 search / サーチ(2018年)」が思い浮かびますが、SNSの出始めである時期であることを考えれば、今作(というよりも主人公たちの行動)が初代とも言えそうです。

今作ではマイスペースという、当時10代の利用者数が6600万人を超えるサービスが登場しますが、日本ではmixiやGREEが流行りましたね。

嫌いだった点

製作者や登場人物たちに主眼が置かれ、観る人をあまり意識していない点。

ジオラマを作成し、車や人型の模型で事件を再現するのですが、雰囲気や意気込みは感じられるものの、観る側としては、分かりにくかったです。 

犯人がギャングのメンバーであることを確信した母ベリンダが、クリスタルのいとこ(14歳)にマイスペースで、クリスタル本人になりすまして、ギャングたちを「 釣る 」よう依頼します。

話題作のSNSドキュメンタリー「 SNS 少女たちの10日間(2021年)」では、12歳になりすました少女3人が、十日間で2500人もの男性たちにコンタクトされる現実を浮き彫りにしましたが、やはり今作でも、偽クリスタルに犯人一味を含んだギャングたちが、次々とコンタクトを持ちかけてきます。 

正直、不快感を隠し切れませんでしたが、それを少女に強要するベリンダにも、違和を感じます。 

見どころ

ヤク中で元売人でもある、母ベリンダの暴走ぶりが凄いです。 

クリスタルの「 ドラッグはやめて 」という忠告に耳を傾けていたら、このような悲しい事件に繋がらなかった可能性はあります。

いとこがSNSでの誘導作戦をリタイアしたため、ベリンダが暴走気味に、犯人たちに過激なメッセージや脅迫を始め、終いには架空のパーティーへと招待。

その現場で、犯人たちを銃で皆殺しにする計画を立てます。

その前夜、クリスタルになりすました母が、犯人に「 なぜ私を殺したの?(Why did you kill me?)」とメッセージを送るのですが、このシーンが最大のクライマックスでしょうね。

なぜ殺したの?(考察レビュー)

なぜ殺したの?

©なぜ殺したの?

なぜ、母ベリンダが生き生きしているのか。ドラッグでハイになっているからなのか、あるいは、その後遺症でしょうか。

犯人たちを追い、彼らを襲撃し、復讐を果たすことを生きがいにしたからでしょうか。

遺族にしか分からない感情が、あるのでしょう。

 今作の参考に、殺人事件をテーマにしたルポ「 43回の殺意(石井光太)」「 令和元年のテロリズム(磯部涼)」を続けて読みました。

共通しているのは、一つひとつの凶悪事件が、異常者による特殊なものなのではなく、当事者たちの住む国や社会のあり方と、強く関連しているという点です。

他人事としてではなく、社会の一員として、自分事として見つめることが大事ですね。

事件の背景には、アメリカ・リバーサイドのギャング事情があります。 

スペインのギャング映画「 ライジング・スカイハイ(2021年)」が記憶に新しいですが、報復のために家屋を燃やしたり、勘違いで少女を撃ち殺す、という所業そのものよりも、まるでコンビニに買い物に行くような気軽さで行うという所に、恐ろしさを感じます。

まとめ

なぜ殺したの?

©なぜ殺したの?

残念ながら、作品としては楽しめませんでした。

 Netflixオリジナルの犯罪ドキュメンタリーでしたら、他に「 アメリカン・マーダー 一家殺害事件の実録(2020年)」を併せて観ることを、オススメします。

ともあれ、二度と同じような事件が起こらないために(毎日のように起こっているのですが)、作品を観て、現実を知るという点では、一見の価値ありです。