「 るろうに剣心 最終章 The Final 」キャスト陣が凄い

この記事を読むと分かること
  • るろうに剣心 最終章の基本情報
  • シリーズ最高のアクション

ジョンさん

今回は、ペンネーム(@_yu_hj)さんからの投稿レビューです。

映画ライフ楽しんでますか?

「 るろうに剣心 」10年間の集大成。

シリーズ1作目からの伏線が全て回収される。

アクションシーンはシリーズ1番であり、劇場で鑑賞する価値存分にあり。

 

画像の引用元:公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

るろうに剣心 最終章 The Final

るろうに剣心 最終章 The Final

©るろうに剣心 最終章 The Final

公開日

2021423

上映時間

138

キャスト

  • 大友啓史(監督)
  • 佐藤健
  • 武井咲
  • 新田真剣佑
  • 青木崇高
  • 蒼井優
  • 伊勢谷友介
  • 土屋太鳳
  • 江口洋介
  • 北村一輝
  • 有村架純
  •  

予告編

公式サイト

るろうに剣心 最終章 The Final 

作品評価

五つ星
映像
(4.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(5.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(2.5)
総合評価
(4.0)

 

るろうに剣心 最終章 The Final 

るろうに剣心 最終章 The Final

©るろうに剣心 最終章 The Final

好きだった点

最終章というだけあり、次から次へと出てくる豪華キャスト陣。

飽きないキャストとスリリングなアクション。

息をのむようなストーリー展開。

瞬きするのが、もったいない程のスピード感あるアクション。

これまでの剣心シリーズとは違い、アクションがとにかく多い。

剣心にとって最強の敵、縁。

クライマックスの剣心 vs 縁バトルでは、剣術だけではなく、手足を使うアクションが至近距離戦で繰り広げられる。

戦いの音だけが響く。

映画館は迫力と不思議な感覚に陥る。

剣心を恨み、戦いに挑むだけではなく、今までと違った姉弟愛であり兄弟喧嘩でもある。

サブストーリーにも注目してほしい。

嫌いだった点

The Finalの人誅編とThe Beginningの追憶編の2部作で構成された最終章。

前作の京都大火編と伝説の最期編は、2作品ともストーリーが繋がっていたが、今回は全くの別作品になる。

剣心の最大の敵である縁とのアクションで、剣心の過去として、The Beginningが描かれている。

追憶編⇨The Finalに繋いだ方が、剣心と縁と巴の関係性をより理解でき、剣心の過去を知ったうえで、縁と剣心バトルの意味に理由を感じられるのではと思った。

公開する順番を変えた方が、見方が違ってきて面白いだろうなとは思った。

剣心に恨みを持つ同盟が、縁と共に東京を襲うハッキリとした理由がほしかった。

縁の人物像は映画の中で濃く描かれているが、その仲間は紹介もなければ、ただ剣心の仲間と戦うだけのキャラになっていたのが残念だった。

原作を読んでいれば他キャラクターの心情は分かるが、映画だけだと伝わりにくいのではないだろうか。

もう少し各々のキャラクターストーリーがほしかった。

見どころ

やはりアクション。

今作は期待以上のものを見せてくれた。

冒頭から一気に、るろうに剣心の世界に引き込まれる。

映画の冒頭だけでは縁が何者かが分からないが、こいつは強いというのが伝わってくる。

なんといっても宗次郎。

ここは完全に映画オリジナルである。

敵だった人物が、味方として剣心とタッグを組んだ瞬間はカッコよかった。

伊勢谷友介と土屋太鳳。

宗次郎と同様に剣心の仲間として加わる。

剣心が薫からもらった赤い羽織を着ているときは、穏やかな表情が多い。

黒の羽織を着ているときは、幕末を生きた人斬り抜刀斎時代の気持ちがあるのか、思い詰めた表情の剣心が多い。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

るろうに剣心 最終章 The Final

©るろうに剣心 最終章 The Final

映画の為に作られたオリジナルストーリー。

原作で好きなシーンやセリフを各々のキャラクターが、実際に演じることはなく悲しかったが、原作は原作。

映画は映画といった作品に仕上がっていた。

近年の邦画では珍しい140分という長尺で、内容が濃い。

この作品は高音質で迫力があるIMAXで鑑賞したい。