「 ライダーズ・オブ・ジャスティス 」考察レビュー

ライダーズ・オブ・ジャスティス
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

「 北欧の宝 」ことマッツ・ミケルセン主演。

電車事故で妻を失った軍人と、トラウマだらけの数学者集団がタッグを組んだとき、男たちの正義はどこへ向かうのか。

今作の魅力について書いてみます。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ライダーズ・オブ・ジャスティス

ライダーズ・オブ・ジャスティス
©︎ライダーズ・オブ・ジャスティス

公開日

2022年1月21日

原題

Retfaerdighedens ryttere

上映時間

116分

キャスト

  • アナス・トーマス・イェンセン(監督)
  • マッツ・ミケルセン
  • ニコライ・リー・カース

予告編

公式サイト

ライダーズ・オブ・ジャスティス

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ライダーズ・オブ・ジャスティス
©︎ライダーズ・オブ・ジャスティス

マッツ・ミケルセン(以下マッツ)といえば、ドラマシリーズ「 ハンニバル(2013年)」でハンニバル・レクター役を見事に演じきりました。

ドクター・ストレンジ(2016年)ではヴィラン、ポーラー 狙われた暗殺者(2019年)では殺し屋、残されたもの(2018年)では遭難者、といった具合に様々な役柄を演じています。

どれも安定の見応えがあるのは、マッツの備え持つ演技力の幅広さに理由があるのでしょう。

今作では、マッチョですぐに暴力に直結する軍人マークスを演じています。

どちらかといえば「 ワイルド・スピード 」のホブス役でお馴染みのドウェイン・ジョンソン向けのキャラ設定なのですが、

マッツの方が、ドウェインよりも演技に深みがあるように感じました。

リアリズムとシリアス志向でありながらも、ブラックコメディーとコミカルさをかみ合わせた今作だけに、真剣に見入ったり、クスクス笑わされたりしながら、最後まで飽きることなく楽しめました。

様々なトラウマを持つサブキャラたちが、カウンセラーになりきり、マークスの娘(マチルデ)の心理セラピー(グリーフケア)をする過程は、面白おかしくもあり、感動的でもありました。

マークス自身は、復讐(=殺人)を繰り返すことで、知らず自分自身を取り戻していきます。

セラピー映画としても観られるのが、他の復讐もの「 スノー・ロワイヤル(2019年)」や「 デッド・オア・リベンジ(2015年)」等と、一線を画している点ですね。

音楽も素晴らしかったです。

カタルシスを伴いながら、祝祭で奏でられるホルンの響きを堪能してください。

まとめ

ライダーズ・オブ・ジャスティス
©︎ライダーズ・オブ・ジャスティス

昨年の主演作「 アナザーラウンド 」は、アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞。

今年度の話題作「 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 」「 インディ・ジョーンズ5 」への出演も決まっています。

これからのマッツに、目が離せませんね。

ライダーズ・オブ・ジャスティス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次