「 ラストナイト・イン・ソーホー 」タイムスリップホラーを堪能

ラストナイト・イン・ソーホー
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@柏原ヒロキさんからの投稿レビューです。

ロンドンのソーホー地区を舞台に、2人の女性の夢と現実…過去と現代がシンクロする。

「 ベイビー・ドライバー 」のエドガー・ライト監督が送る新感覚ジャンルレス & モダンホラーが誕生した。

今作の面白さの秘密に迫ります。

画像の引用元:公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ラストナイト・イン・ソーホー

ラストナイト・イン・ソーホー
©︎ラストナイト・イン・ソーホー

公開日

2021年12月10日

原題

Last Night in Soho

上映時間

115分

キャスト

  • エドガー・ライト(監督)
  • アニヤ・テイラー=ジョイ
  • トーマシン・マッケンジー
  • マット・スミス
  • ダイアナ・リグ
  • シノーブ・カールセン
  • マイケル・アジャオ

予告編

公式サイト

ラストナイト・イン・ソーホー

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ラストナイト・イン・ソーホー
©︎ラストナイト・イン・ソーホー

主人公は60年代のロンドンが大好きで、デザイナーを夢見るエロイーズ。

彼女が夢の為に憧れのロンドンへ向かうシーンは、まるでジブリ作品の「 魔女の宅急便 」を彷彿とさせるほど、希望に満ちたシーンとなっています。

予告で宣伝されているシーンは、「 主人公が夢で60年代ロンドンの美しさだけでなく闇を体験する 」という描写ですが、それ以外にも恐怖を感じるシーンがありました。

例えば、主人公が悪夢を通して60年代ロンドンの恐怖を体験する以前から、「 現代のロンドン 」で実際に恐怖を味わう場面があるという点です。

この描写があることで、エロイーズの悪夢的な追体験が「 過去の出来事 」や「 映画の中の世界 」ではなく地続きで、今もまさに行われているのでは?という恐怖を感じました。

ロンドンの美しさと醜さの両面を描くことで、作品自体の雰囲気も変化します。

オシャレな青春ドラマかと思えば「 エルム街の悪夢 」のような古典的ホラーになります。

最終的にはミステリー要素を加えた、どんでん返しが待っています。

まとめ

ラストナイト・イン・ソーホー
©︎ラストナイト・イン・ソーホー

自分の憧れている世界の醜さを知ったとき、夢への純粋な気持ちをどこまで貫けるか。

それが今作の根底にある1つのテーマだと思いました。

2018年の映画「 ジョーカー 」のように、観た人によって捉え方が違い、何層にも見所がある作品。

ラストナイト・イン・ソーホー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次