【 クエンティン・タランティーノ作品 】「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 」考察・解説レビュー、あらすじ&キャストまとめ

当ページの画像はIMDbまたは公式サイトより引用
  • URLをコピーしました!

文・ライター:@たかを

1960年代のハリウッドを最高の映像と音楽で堪能させてくれる。

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがW主演し、シャロン・テート役をスーサイド・スクワッドでハーレイ・クインを演じたマーゴット・ロビーが演じました。

本作は実話の事件(シャロン・テート殺害事件)を題材にしています。

この事件を知らないと理解が難しい作品かもしれません。

事件を調べてから見ると、面白さが3倍も変わります。

目次

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

©︎Once Upon a Time in… Hollywood

あらすじ

ブームが去ったTV俳優のリックと彼のスタントマンであり付き人で親友クリフ。ある日、リックが住むハリウッドの豪邸に時代の寵児ロマン・ポランスキーとシャロン・テート夫婦が引っ越してくる。

原題

Once Upon a Time… in Hollywood

公開日

2019年8月30日

上映時間

165分

予告編

キャスト

  • クエンティン・タランティーノ(監督)
  • レオナルド・ディカプリオ
  • ブラッド・ピット
  • マーゴット・ロビー
  • エミール・ハーシュ
  • ティモシー・オリファント
  • ジュリア・バターズ
  • デイモン・ヘリマン
  • マーガレット・クアリー
  • オースティン・バトラー
  • ダコタ・ファニング
  • マヤ・ホーク

公式サイト

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

©︎Once Upon a Time in… Hollywood

1969年8月9日、妊娠中のシャロン・テートとその友人たちは、ハリウッドの豪邸で夫のロマン・ポランスキー不在の中、ホームパーティーをしていた。

そこにカルト集団指導者のチャールズ・マンソン信者の襲撃に合い、友人共々惨殺されてしまいます。

この映画は簡単に言うと、その隣の家に住む人の話です。

史実を元に作られているため、実在の人物が多く登場します。(リック・ダルトンとクリフ・ブースが架空の人物)

タランティーノは「 あの時、隣にこんな人が住んでたらなあ… 」という思いで作ったのでしょう。

ディカプリオ演じるリック・ダルトンのような俳優も、架空のキャラクターでありながら、「 きっとこういう人がいたんだろうなあ… 」と思わせてくれます。

僕はこの映画を見ている時、このリック・ダルトンが愛おしくてたまりませんでした。

かつては人気俳優だったリック・ダルトンは、人気のピークを超えてしまい、最近はもっぱらTVで悪役ばかりを演じています。

冒頭のシーンで、それを指摘されたクリフは、運転する帰りの車中でつい泣いてしまいます。

その直後、隣にロマン・ポランスキーが引っ越してきたことを知ると、すぐに機嫌がよくなるリック。

僕が一番好きなシーンは、リックがTVドラマ「 対決ランサー牧場(かつて本当にあったドラマ)」に出演したシーン。

撮影中リックはセリフが出てこず何度もNGを出してしまいます。

スタッフや演者に謝りながら楽屋に帰った途端、リックはFワードを連発しながら1人暴れます。

このシーンが凄く良いのです。

ディカプリオの神演技と言えるかもしれません。

鏡に向かって「 お前が昨日あんなに酒飲んでしまったからだろ!今日飲んだら脳天ぶち抜くぞ!」と自分に言い聞かせながらも、

「 ちょっとだけ 」と言い、飲んではすぐゴミ箱に捨てて愛くるしい。

その後、気を取り直して撮影に挑み、ベテラン俳優ならではの怪演を披露。

監督や子役に褒められたリックは、嬉しくてまたもや泣いてしまいます。

シャロン・テートは、休日のショッピング帰りに自分が出演した「 サイレンサー / 破壊部隊 」が上映されている映画館に足を運びます。

チケットを購入しようとしますが、ふいに「 私この映画に出てるんだけど。」と受付係に言うと入場を許可され、無料で映画を見ることになります。

これは過去にタランティーノ自身が、自身の映画を映画館で見ようとした際、実際に行った行為だと言われています。

映画館で「 これ自分が作った映画なんだけど。」と言ったら無料で入場できるのだろうか。

とデビューしたてのタランティーノは思い、受付係にそれを言うと、映画館のスタッフたちが握手を求めにきたのと同時に、無料で入場を許可してもらえた模様。

デビュー直後の自分が看板に載っているというワクワク感を、同じくデビュー直後のシャロン・テートにやらせたわけですね。

そして、シャロン・テートは、自分が出演した映画を見るわけですが、自分のアクションシーンで観客が湧いているのを感じ満足気な表情になります。

このシーンで使われているのは、実際の「 サイレンサー / 破壊部隊 」のシャロン・テート出演シーン。

過去一番タランティーノの映画愛が溢れた作品だと思います。

あわせて読みたい
【 鬼才 】クエンティン・タランティーノ作品まとめ!(10本)   文・ライター:@たかを クエンティン・タランティーノ。 映画好きであれば一度は聞いたことある名前なのではないでしょうか? 名前は知っているが、どんな映画を撮っ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次