【 IMAXで見るべし 】「 アバター ウェイ・オブ・ウォーター 」考察レビュー

アバター ウェイ・オブ・ウォーター
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@あるなんさんからの投稿レビューです。

前作アバターから13年を経ての続編。

歴代興行収入トップの座は、アベンジャーズ エンドゲームに一時譲りましたが、中国での再上映を受けトップに返り咲き。

前作の舞台は森林や浮島でしたが、今回は「 海 」が舞台です。

海の美しさとこの世界観は、是非、IMAXで見て堪能してはいかがでしょうか。

追加料金が発生しますが、上映時間は3時間12分とコスパもいいのでは!

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)
目次

アバター ウェイ・オブ・ウォーター

アバター ウェイ・オブ・ウォーター
©︎アバター ウェイ・オブ・ウォーター

あらすじ

スカイピープルを惑星パンドラから追い出した先住民ナヴィ。その出来事以降、ジェイクには愛する家族が増え、惑星パンドラで幸せに暮らしていた。迫りくるスカイピープル、ナヴィの運命が再び動き出す。

公開日

2022年12月16日

原題

Avatar:The Way of Water

上映時間

190分

キャスト

  • ジェームズ・キャメロン(監督)
  • サム・ワーシントン
  • ゾーイ・サルダナ
  • シガニー・ウィーバー
  • スティーブン・ラング
  • ジョヴァンニ・リビシ
  • ケイト・ウィンスレット
  • ミシェール・ヨー 他

予告編

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

アバター ウェイ・オブ・ウォーター
©︎アバター ウェイ・オブ・ウォーター

皆さんは覚えておりますでしょうか。

初めて「 アバター 」を見たときの感動を。

広大な森林を駆け抜けるナヴィの姿、大小の戦闘ヘリと空を覆うイクランの戦い、小動物から植物まですべてが新しい世界を表現していたあの感動です。

今回は、「 海 」が舞台。

海の種族にお世話になり、エイワ(惑星全体に張り巡らされた植物による神経線維ネットワーク)も海の中にあります。

海の生物は特徴的で、人類やナヴィより高い知能を持つトゥルクンとの交流が「 魂の兄妹 」といった新しい文化も登場し、世界観の広がりを感じます。

ストーリーは、一作目の「 人間は愚かだね、もっと森を大切にしようよ 」といった単純なテーマを踏襲しつつ、伏線は多めにしてあります。

テーマとして感じたのは、「 家族って大事だよね 」と「 捕鯨って悪いことだよね 」です。

主人公サリーは、ネイティリと家族を持つのですが、親としての責任や家族を大事にすることを事あるごとに表現します。

それにより、不幸な出来事もあるのですが…。

今回の人間の侵略行為は、かなり本気です。

前回は、鉱物の採掘で大儲けが目的ですが、今回は地球の寿命が尽きるための移住計画が目的です。

捕鯨と言いますかトルゥクン狩りに関しては、脳にある液体が不老に効果アリと地球で大人気とのこと…。

本当に地球人の愚かさを表現していますね。

テーマはさておき、その世界観は圧倒的な表現力です。

今なお歴代興行収入1位の続編もやはり凄い作品でした。

まとめ

アバター ウェイ・オブ・ウォーター
©︎アバター ウェイ・オブ・ウォーター

アバターは、5部作の予定とのことです。

すでに5部作目までの脚本や設定は完成済みであり、3作目も撮り終えているとかいないとか。

2年毎に上映予定とのことで、1作目にはなかったちょっとした伏線も続編で回収されると思われます。

舞台は砂漠 、山、極圏と広がりを見せ、続編毎に新しい文化が紹介されるとのこと。

今後6年間の2年毎の年末は、アバター続編を見る恒例行事となりそうです!

あわせて読みたい
【 アバター2 】「 ウェイ・オブ・ウォーター 」考察&解説、続編に期待! 2022年度の公開作品で最も楽しみにしていたアバター2。 前作が公開されてから13年が経ちました。 巨匠ジェームズ・キャメロン最新作、映画館で観るべし。 画像の引用元...
SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次