さあ、映画ライターになろう

サメ映画「 ロスト・バケーション 」ネタバレあり解説、サメを駆逐するブレイク・ライブリーが最高すぎる

ロスト・バケーション

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

引きこもりで暇すぎなので、サメ映画を制覇しようと思います。

というわけで、今回は映画「 ロスト・バケーション 」

数あるサメ映画の中でも僕が大好きな作品であります。

サクッといきましょう。

▶︎ おすすめ洋画(まとめ)

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ロスト・バケーション(作品情報)

The Shallowsロスト・バケーション

公開日

2016年7月23日

上映時間

86分

キャスト

  • ジャウム・コレット=セラ(監督)
  • ブレイク・ライブリー

このセラ監督は、映画「 トレイン・ミッション 」でもメガホンを取った人です。

この作品にはヴェラ・ファーミガやリーアム・ニーソンが出演していて最高なので見て欲しい。

ブログにも感想レビュー書いてます。

▶︎ トレイン・ミッション(レビュー)

予告編

公式サイト

ロスト・バケーション

ネタバレ・感想レビュー

ロスト・バケーション

好きだった点

サメ映画って大量にサメが出てくると面白くないんですよね。

今作は登場するサメが一匹だった点は評価したい。

またサメがしつこいんですよこれが。

ホオジロザメなのかな。

映画のタイトルは「 サメ vs ナンシー with カモメ 」でもいいくらい。

数あるサメ映画の中でも個人的にはTop3に入るほど面白い。

絶対みて欲しい作品です。

嫌いだった点

ラストシーン。

あんなにカッコよくサメ倒せますかね。

もう少しひねってもよかったんじゃないかな。

とはいえ、上映時間も適度に短くて、飽きずに楽しめる数少ないサメ映画。

見どころ

ナンシーは医大生なのですが、母の死により医者になることを躊躇していて、父親から医者になれと言われるも1人になりたいと旅に出ます。

医学知識を発揮するシーン、傷口を結合するシーンなど、グロシーンが出てきます。

カモメの翼を治療するナンシーは最高だったな。

またカモメが可愛いんですよね。

サーフボードに乗ってるカモメがかわいくて悶絶。

印象に残ったシーン

サメがクラゲに刺されるのを嫌がっていると気付いたナンシーは、クラゲの大群にダイブしてサメをかわします。

まるで一瞬「 アバター 」のような世界観になるシーンがありました。

クラゲに刺されるとダタでさえ、めちゃくちゃ痛いのですが、ナンシーよく頑張りました。

考察・疑問点

ロスト・バケーション

この映画は実話なのか?

完全なフィクション作品です。

サメが執拗にナンシーを狙う理由

ナンシーが瀕死状態になっている間、酔っ払いと2人のサーファーが食い殺されます。

サメがナンシーを執拗に狙ったのは、サメが人間の味を覚えてしまったためと考えられます。

サメが燃えた理由

劇中で照明弾を撃たれたサメが燃えたのは、鯨の死骸から流れていた油に引火したためです。

劇中のビーチはどこにあるのか

劇中でのビーチはメキシコですが、実際に撮影されたロケ地はロード・ハウ島(オーストラリア)です。

ユネスコ世界遺産にも登録されていることで有名。

ナンシーはどうやって帰る予定だったのか

ビーチまで送ってくれたカルロスに「 帰りはどう帰るんだ?」と聞かれたナンシーは「 Uber(ウーバー)」と答えます。

Uberは自動車の配車アプリを指します。

劇中でカルロスには通じていなかったですが。

最後に浜辺でカメラを拾った少年はカルロスの息子です。

サメ映画

過去にサメ映画をめちゃくちゃ見てますが、主に世間で知られる有名なサメ映画は次のとおり。

Youtubeでサメ映画特集をしようと思い、最近すべてのサメ作品を復習しています。

  • ジョーズシリーズ
  • オープン・ウォーター
  • ディープ・ブルー
  • ロスト・バケーション
  • シャークネードシリーズ
  • 海底47m
  • MEG ザ・モンスター
  • コン・ティキ
  • シャーク・ナイト

ザックリこんな感じですかね。

青色は、特に僕が好きな作品です。

Youtubeチャンネル

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

    • 最新の映画情報
    • 映画グッズの通販情報
    • お得な割引クーポン
    • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

まとめ

ロスト・バケーション

はい、今回はサクッとレビューしてみました。

終始、ナンシーとサメだけのシーンでストーリーが進みます。

珍しいタイプの作品なのではないでしょうか。

聞いたことはあるけれど、見たことないよというそこのあなた。

是非チャレンジを。

サメ最高!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。