【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 ネタバレ・感想レビュー 】「 IT / イット ジ・エンド THE END 」続編でそれの起源とペニー・ワイズの正体が明かされる、スタンド・バイ・ミーとキャビンを足したような映画でした

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

ワーナー・ブラザース主催の試写会に行ってきました。

今作は、ITシリーズの最終章でして、「 それ 」の起源や正体が明かされます。

シリーズと言ってもこれ含めて2つしかないですが。

本家「 IT 」はかなり昔に見ました。リブート版が公開されて久しぶりにITを見ましたが懐かしかったですねえ。

スタンド・バイ・ミーとキャビンを足したような映画でした。

試写会で監督に会いましたがイケメンすぎてワロタって感じでしたね(笑)

ではサクッといきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

作品情報

It Chapter Two

公開日

201911月1 (R15指定)

上映時間

169分

キャスト(大人時代)

  • アンディ・ムスキエティ(監督)
  • ビル・スカルスガルド(ペニー・ワイズ)
  • ジェームズ・マカボイ(ビル)
  • ジェシカ・チャスティン(べバリー)
  • ビル・ヘイダー(リッチー)
  • イザイア・ムスタファ(マイク)
  • ジェイ・ライアン(ベン)
  • ジェームズ・ランソン(エディ)
  • アンディ・ビーン(スタンリー)

キャスト(子供時代)

  • ビル・スカルスガルド(ペニー・ワイズ)
  • ジェイデン・マーテル(ビル)
  • ソフィア・リリス(べバリー)
  • フィン・ウルフハード(リッチー)
  • チョーズン・ジェイコブズ(マイク)
  • ジェレミー・レイ・テイラー(ベン)
  • ジャック・ディラン・グレイザー(エディ)
  • ワイアット・オレフ(スタンリー)

予告編

公式サイト

それが見えたら終わり

 

 

ネタバレ・感想レビュー

好きだった点

ペニー・ワイズ相変わらず最高でしたね。

走り方怖すぎだし、いちいち怖いんですよ(笑)あっここ来るなと予想しながら見てもビクッとするという。

見ながらポップコーン落としてしまいましたよ。

今作は子供時代のルーザーズが27年ぶりに集結して、ペニー・ワイズを倒すという話。

それぞれ違った人生を歩んだ7人の友情は、まるでスタンド・バイ・ミーを彷彿とさせる素晴らしい展開でした。

嫌いだった点

3時間はちょっと長すぎたかな。エンドゲームよりも長く感じましたね。

2時間くらいに収めることはできたんじゃないのかなって思いました。

ルーザーズの記憶を取り戻していく回想シーンが出てくるんですけど、7人分の回想を1つ1つ描写していくシーンはすごく長く感じました。

まあ丁寧な描写は良いんですけどね。

観る人によっては長く感じたんじゃないですかね、この回想シーンでぼくは途中で寝そうになりましたが耐えました(笑)

印象に残ったシーン

ジョージーが死んだのは自分のせいだと罪悪感を感じながら大人になったビルが印象的でした。

吃音症のビルは大人になっても吃音のままでして、ジェームズ・マカボイがまた良い演技するんですよね。

吃音も完璧にこなしてましたね。

作品評価

作品評価
撮影・映像
(4.0)
ストーリー
(4.0)
キャスト
(5.0)
音楽
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.5)

 

 

考察・疑問点

ペニー・ワイズの正体

すいません、あんまり記憶に残ってませんが、覚えている範囲で説明します。

ペニー・ワイズの正体は、宇宙外生命体というオチ。

要は宇宙から飛来したので、宇宙人ということですね。

地球に飛来したのは少なくとも数百万年前であり、本来の姿はデッド・ライトと呼ばれる3つの光の塊です。

宇宙人かお化けかどちらかと予想してましたが、案の定、宇宙人設定でした。

チュードの儀式

かつて「 それ 」と戦った部族がいることを知ったマイクは、彼らの先祖を訪ねて「 それ 」の撃退方法を知ります。

チュードの儀式と呼ばれるものでペニー・ワイズを倒せることを知ったルーザーズは一致団結。

クライマックスで肝心の儀式をする時に使うBOXの表面をマイクが意図的に消してしまっていた為にペニー・ワイズを封じ込むことに失敗。

お前の言うとおりにしたのに何で復活してるんだよ!と叫ぶルーザーズ。

心の拠り所が欲しかったんだ!と叫ぶマイク。ふざけんなマイク!とブチギレる他のメンバー(笑)

めちゃくちゃ笑いましたこのシーン。

チュードの儀式は、マイクのせいで見事に失敗します。

まあどうやってペニー・ワイズを倒したかというと、巨大化したペニー・ワイズ自身を小さくて弱いと思い込ませれば倒せると意気投合したルーザーズは、ペニー・ワイズに向かって悪口を言いまくります。

巨大化していたペニー・ワイズは小人のように小さくなって、最後は心臓を潰されてジ・エンド。

小さくなったペニー・ワイズかわいかったです。

チュードの儀式は一体何だったのでしょうか。

スティーブン・キング

劇中で売店のおじさん役として原作者のスティーブン・キングが登場します。

一瞬なので見逃す可能性あり。

普通のIT見てないけど大丈夫?

全く無問題です。

今作は、リブート版の完結なので前作のITを見てからTHE ENDを見ましょう。

前作は少年時代(原作小説の前半)、今作は少年たちが大人になった時代(原作小説の後半)を描きます。

残酷なシーンはあるの?

全くなしです。

グロいシーンは無に等しいかもしれません。

R15指定にする必要すらなかったと思いますね。

続編はオリジナル?

前作のリブート版では小説での前半部分が描かれまして、今回の続編では小説での後半部分が描かれます。

よって、オリジナルではなく、小説に基づいたストーリー展開です。

ただ、小説で登場するある部分は映像化ができない部分でもあります。

ある部分というのは、原作で洞窟を脱出できなくなったルーザーズたちを救うため、ベバリーはルーザーズたちと性行する儀式を行います。

さすがに、実写版ではここを描くことは出来ないので、このシーンは登場しません。