【 クエンティン・タランティーノ作品 】「 イングロリアス・バスターズ 」考察・解説レビュー、あらすじ&キャストまとめ

当ページの画像はIMDbまたは公式サイトより引用
  • URLをコピーしました!

文・ライター:@たかを

タランティーノ初の歴史映画「イングロリアス・バスターズ」です。この映画も大ヒットし、クリストフ・ヴァルツやメラニー・ロラン、ダイアン・クルーガーなど英語圏ではない俳優を世界に知らしめました。

第二次世界大戦時のナチス・ドイツをテーマにした本作は主演にブラッド・ピットということで話題を呼びました。この映画からタランティーノは後に歴史返上映画を作っていきます。

目次

イングロリアス・バスターズ

©︎Inglourious Basterds

あらすじ

物語の舞台は1944年 – ナチス占領下のフランス。一家を皆殺しにされたユダヤ人の娘(ショシャナ)は、パリで映画館主のエマニュエルとして身を潜めていた。ある日、ナチスの狙撃兵(フレデリック)に気に入られ、自身の映画館でナチスのプレミア上映会を開催することになる。そこでショシャナはナチスに復讐を計画する。

原題

Inglourious Basterds

公開日

2009年11月20日

上映時間

153分

予告編

キャスト

  • クエンティン・タランティーノ(監督)
  • ブラッド・ピット
  • クリストフ・ヴァルツ
  • マイケル・ファスベンダー
  • イーライ・ロス
  • ダイアン・クルーガー
  • ダニエル・ブリュール
  • ティル・シュヴァイガー
  • メラニー・ロラン
  • B・J・ノヴァク
  • アウグスト・ディール
  • ジュリー・ドレフュス

評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

©︎Inglourious Basterds

本作はタランティーノ曰く、1978年のイタリア映画「 地獄のバスターズ 」に影響を受けたと語っています。

本作には他のタランティーノ作品と同じく、様々なオマージュが散りばめられています。

タランティーノが長年温めていた脚本だったそうで、執筆に10年以上かけたと言われています。

その間ハリウッドでは「 タランティーノが歴史大作を作ろうとしている 」と噂になっていたそう。

そんな時間をかけたからか、ストーリーは今までにないほど壮大であり、見応えあるものになっています。

僕自身もとても大好きな映画です。

僕が思う見どころは「 ナチスとバスターズの対比 」

これが最高です。

規律正しくビシッとしているナチスに、それを笑い、楽しみながら虐殺するバスターズ。

このバスターズがいい感じにバカな集団なのです。

ナチスの拷問シーンでは、ショーのように歓声を上げ、プレミア上映での作戦を練る際、バカすぎて女スパイのハマーシュマルクが呆れるほど。

ナチスの緊迫したシーンからバスターズのシーンになると肩の荷が下りた感じがして楽しかったです。

脚本も最高ですが、出てくるキャラクターが何より最高です。

バスターズの野蛮なキャラも最高ですが、一番最高なのはやっぱりクリストフ・ヴァルツ演じるハンス・ランダ親衛隊大佐。

こんな最高な悪役いますか?

礼儀正しく物腰柔らかな態度で接しますが、性格は残忍かつ冷酷であり、ずば抜けた洞察力と推理力を持つ、今までのタランティーノ映画には出てこなかったタイプの知的な悪役です。

ハンス・ランダはマルチリンガルであり、プレミア上映会でイタリア語を話し始めた時のバスターズの焦り具合はもう笑っちゃいます。

そして、それを演じるクリストフ・ヴァルツの演技力。

それはタランティーノ自身も今まで作り上げたキャラクターの中で最高かもしれないと述べています。

クリストフ・ヴァルツは元々ドイツのテレビ俳優でしたが、本作で数々の賞を総なめし世界的なハリウッド・スターとなりました。

この映画はナチスをテーマにした戦争映画であるにもかかわらず、暗い雰囲気はなくとても痛快な映画であり、世界中の人々の憎しみの対象であるナチスを痛快に殺害・爆破させるシーンはとてもスカッとします。

恐らくタランティーノはこれに手応えを感じ、後の「 ジャンゴ 繋がれざる者 」「 ワンス・アポン・タイム・ハリウッド 」のような歴史返上物と呼ばれるシリーズを作りました。

最後にこの映画は吹き替えで見ることをおすすめします。

この映画は英語・フランス語・ドイツ語で構成されており、途中でドイツ語から英語になったりするのがとても楽しいので、それが分かりやすい吹き替えだと楽しいです。

あわせて読みたい
【 鬼才 】クエンティン・タランティーノ作品まとめ!(10本)   文・ライター:@たかを クエンティン・タランティーノ。 映画好きであれば一度は聞いたことある名前なのではないでしょうか? 名前は知っているが、どんな映画を撮っ...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次