「 アンビュランス 」考察レビュー

アンビュランス
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

破壊王マイケル・ベイ監督による、デンマーク映画「 25ミニッツ(2005)」のリメイク。

銀行強盗にジャックされた救急車の爆走。

鑑賞の際は、シートベルトを忘れずに。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

アンビュランス

アンビュランス
©︎アンビュランス

公開日

2022年3月25日

原題

Ambulance

上映時間

136分

キャスト

  • マイケル・ベイ(監督)
  • ジェイク・ギレンホール
  • ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世ウィル
  • エイザ・ゴンザレスキャム
  • ギャレット・ディラハント
  • キーア・オドネル

予告編

公式サイト

アンビュランス

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

アンビュランス
©︎アンビュランス

かつて「 トランスフォーマー(2007)」を前情報ナシで観ていたら、車が変形してロボットに変身するシーンで、度肝を抜かれました。

シリーズ最新作の公開も待ち遠しいところですが、マイケル・ベイ監督5年ぶりの劇場公開である今作もド迫力の大作でした。

銀行強盗をやらかした兄弟が、重症患者と救命士を乗せた救急車をジャックして逃走します。

監督はこの設定に惚れ込み、そこへ得意技でしっかりと味付けをし、見応えのあるアクションに仕上げました。

意外に感じたのは、人間ドラマに重きを置いて、しっかりと脚本を作っていたこと。

だからこそ、長いアクションが続いても最後まで飽きないのでしょう。

ただ、今作はいささか尺が長過ぎる感もありましたね。

25ミニッツどころか、136ミニッツですから。

それでも成立するのが、マイケル・ベイの力業の凄さですね。

作中で「 バッドボーイズ(1995) 」や「 ザ・ロック(1996) 」のネタがチラッと出たときは、懐かしさにニヤリ。

帰還兵ウィル(ヤーヤ・アヴドゥル=マティーン二世)の、銀行強盗に巻き込まれながらも、良心を捨てない姿に、善悪とは何かを考えさせられます。

帰還兵を主人公とした作品だと「 ライダーズ・オブ・ジャスティス(2022)」が、記憶に新しいですね。

また、主犯の兄ダニー(ジェイク・ギレンホール)の怪演が、クライム・スリラーとしての魅力を引き立てていました。

何よりも、ロサンゼルスを暴走する救急車のカーアクションは、「 ワイルド・スピード 」ファンこそ観るべき!

「 ワイスピ 」といえば、「 ワイルド・スピード /スーパーコンボ(2019)」でハリウッド・デビューをした、エイザ・ゴンザレスの演技が、秀逸。

エイザ演じる女性救命士キャムの、人命を救うために自らを顧みない姿は、「 バックドラフト(1991)」の消防士たちの勇姿とも重なりました。

今後、街中でサイレンの音を耳にする毎に、人命を守るために奔走する勇者たちへ、心の中でエールを送るでしょう。感謝とともに。

まとめ

アンビュランス
©︎アンビュランス

アンビュランス(救急車)で駆け巡る136ミニッツ。

それを飽きさせない、マイケル・ベイの力業。

安心してください。

救急車が変身することはありませんので。

アンビュランス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次