「 レスキュー 」考察レビュー、10分に1回のクライマックス

レスキュー

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@槇島とおるさんからの投稿レビューです。

凄惨な海難事故に立ち向かう海難救助隊の活躍を描いた中国映画「 レスキュー 」

一見、日本の「 海猿 」を想起させる内容ですが、なんと今作は総製作費120億円。

その予算を使ってハリウッドから映像スタッフを呼び、とてつもなく規模の大きい事故現場の映像化に成功しています。

映像面ではハリウッド大作にも全く見劣りのしない作品。

「 大作映画を見たい!」という欲に十二分に答えてくれる中国のビッグバジェット映画です。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

レスキュー

レスキュー

©レスキュー

公開日

2021年5月21日

原題

緊急救援 The Rescue

上映時間

133分

キャスト

  • ダンテ・ラム(監督)
  • エディ・ポン
  • シン・ジーレイ
  • ワン・イェンリン
  • ワン・ユイティエン
  • シュー・ヤン
  • リー・ミンチョン

予告編

公式サイト

レスキュー

作品評価

作品評価
映像
(5.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(4.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(4.0)

レスキュー(感想レビュー)

レスキュー

©レスキュー

監督は「 オペレーション:レッド・シー 」などのミリタリーアクション映画で知られる香港出身のダンテ・ラム。

ダンテ・ラムは、従来より主人公を極限状況に追い込む手法で知られており、今作でもその手法は遺憾なく発揮されています。

今作で発生する海難事故は、油田爆発事故に飛行機墜落事故、さらには石油タンカー爆発事故など、普通の映画ならクライマックスで起こるような事故が頻発します。

どの事故も凄惨な現場となるため、常時クライマックスのような緊張感が全編に張り詰めます。

キャッチコピーに「 101回クライマックス 」とありますが、まさに偽りなし。

中盤で起きる飛行機墜落事故は、タイタニックのスタッフを呼んで「 タイタニック 」で使用した全長240メートルの巨大なプールに本物の飛行機を沈めるなどの大規模撮影を敢行。

VFX面でもハリウッドのスタッフが指揮を執り、アメリカの大作映画にも劣らないリアルな事故映像を実現しています。

中国・香港映画の魅力と言えばCGに頼らぬ捨て身のスタント。

とにかく火が吹き、波が荒れ狂う凄惨な現場を体当たり演技で切り抜けています。

まとめ

レスキュー

©レスキュー

VFXがハリウッド級に凄いだけでなく、中国・香港映画本来の魅力もあり、キャスト陣にも注目。

主演は台湾出身のアジアを代表する大スター、エディ・ポン。

どんな役柄も爽やかに演じる彼は、熱意溢れる海難救助隊の隊長を熱演。

役作りのために恐ろしく大変な訓練や肉体改造を行ったそう。

そのおかげで、ストーリー・凄惨な事故の映像も、リアリティ溢れる一級品のビッグバジェット映画となっています。