さあ、映画ライターになろう

映画「 ナイチンゲール 」ネタバレあり解説、差別を受け続けたアボリジニによる復讐劇とラストシーンに注目

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@Suppon)さんからの投稿レビューです。

サクッといきましょう。

▶︎ おすすめ洋画(まとめ)

舞台は19世紀のオーストラリア。

そこはイギリスの植民地であり流刑地。

そして、原住民アボリジニへの差別が横行していた残酷な世界。

イギリス人兵士に家族を殺された流刑囚のクレアは、案内役として雇ったアボリジニのビリーと2人だけで孤独な復讐を始める。

過酷な環境の中でリアルな感情をさらけ出し、人種を超えて人間として真に分かり合うクレアとビリー。

ダイバーシティが話題になる昨今、是非見てほしい作品です。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
  (アイキャッチ画像含む)

ナイチンゲール (作品情報)

The Nightingale

公開日

2020年3月20日

上映時間

136分

キャスト

  • ジェニファー・ケント(監督・脚本)
  • アシュリン・フランシオーシ
  • サム・クラフリン
  • バイカリ・ガナンバル
  • デイモン・ヘリマン
  • ハリー・グリーンウッド

予告編

公式サイト

ナイチンゲール

ネタバレ・感想レビュー

感情移入しやすい登場人物の人間臭さ

19世紀オーストラリアという舞台。

メインキャラクターが囚人とアボリジニという特殊な設定でしたが、そうした歴史背景に詳しくなくても心から感動できる作品です。

なぜなら、登場人物全員がめちゃめちゃ人間臭いからです。

感情をむき出しにして行動していくものばかり。

主人公のクレアは、初めこそ怒りと凶器に取り憑かれ復讐に走りますが、復讐の過程で殺人の罪悪感に潰され迷いが生まれます。

家族の仇を取るために全て捨てたつもりでも、殺した敵の顔が夢に出て眠れない。

その様からは実に非合理的で人間らしい心の葛藤が感じられます。

1番近くでクレアの葛藤を見ていたのはアボリジニのビリー。

白人でしかも弱い女性であるクレアに反抗的な態度をとっていましたが、クレアの生々しい感情の爆発を見て、徐々に白人と原住民という関係性を超えて信頼を寄せていきます。

クレアの葛藤を真横で見てきたビリーが最後に起こす行動に是非注目してください。

クレアの家族を殺した宿敵であるホーキンス大尉は、非道な行動の暗に自らの権力とプライドを守ろうとする弱い自分がいます。

自分の強さを誇示しないと弱い自分を守れない彼もある種かわいそうで、敵でありながら人間らしく理解できる部分もあります。

嫌いだった点

暴力描写はかなりエグイです。

劇中で結構な人数が殺されますが、どれもこれも生々しいものばかり。

特に差別されているアボリジニたちの扱いはひどいものです。

残酷なシーンだからこそ感情が揺さぶられる部分もありますが、苦手な人にはつらいかも。

見どころ

監督のジェニファー・ケントも言っていますが、今作は「 過酷な環境の中でどのように人間性が保てるか 」というテーマです。

過酷な道を進む中で、お互いの心の闇をさらけ出し、白人のクレアと人間のビリーが心を通わせていく過程は感動的でした。

クレアは白人といえど囚人であり女性。

アボリジニのビリーにおいては白人に見つかるだけで撃ち殺されそうになるような差別を受けています。

はじめは警戒心を抱いていた2人が、徐々に人種を超えて人間として認めあっていく様は、暗い復讐の物語を強く希望の光で照らしてくれます。

血みどろで人間むき出しの復讐の末に迎えるラストは、切なくも最高に美しい終わりを迎えます。

復讐の末に2人がたどり着くラストシーンは詩的とも言える最高に美しいものでした。

ツイッターの声

Youtube

Youtubeは1000人超えましたので、本格化させていきます。

是非チャンネル登録お願いしますベリーマッチ。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

    • 最新の映画情報
    • 映画グッズの通販情報
    • お得な割引クーポン
    • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

まとめ

 

あえて人種や権力といったものを前面に出すことで、それらを取っ払った奥にある共通の"人間というもの、人間らしさを表現している作品だと感じました。

非合理的で感情に従って進む、そうして失敗する。

実に人間らしいじゃないですか。

「 ミスト 」を見て追い詰められた人間の弱さを楽しめた人なら、「 ナイチンゲール 」も刺さるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。