映画ライター募集中

映画「 スケアリー ストーリーズ 怖い本 」原作は全米の図書館に置くことを禁じられた大ベストセラー児童本

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@yamamon69)さんからの投稿レビューです。

サクッといきましょう。

▶︎ おすすめ洋画(まとめ)

↓ ↓ ↓ ↓

原作は全米の子どもたちにトラウマをあたえ、図書館に置くことを禁じられたベストセラー。

タイトル通りまさに怖い本の映画化。

原案・プロデュースは皆さんご存知のギレルモ・デル・トロ。

本に物語を書かれたものは死ぬ。

数々の恐ろしい物語がつづられている本を手にした主人公たち。

その夜からひとり、またひとりと本に物語が書かれていく。

物語の内容は、それぞれのいちばん怖いものに襲われること。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
  (アイキャッチ画像含む)

 

作品情報

Scary Stories to Tell in the Dark

公開日

2020年2月28

上映時間

108

キャスト

  • アンドレ・ウーヴレダル(監督)
  • ゾーイ・コレッティ
  • マイケル・ガーザ
  • ガブリエル・ラッシュ
  • オースティン・ザユル

予告編

公式サイト

スケアリーストーリーズ 怖い本

感想レビュー

好きな点

物語が書かれる=消される

単純ですがストーリーもしっかりしていて、展開も面白いです。

血のようなものでひとりでに物語がスラスラ書かれていきます。

「 次は話はおれ?うわぁ~ 」と次々に死ぬことが予告されていく主人公たち。

生き延びるため対抗策を練ったり、根源となる本の消滅を試みたりと試行錯誤。

主人公と仲間たちが知恵をしぼって1つの恐ろしいものに挑む勇姿は「 IT イット 」を彷彿させます。

雰囲気もけっこう似てるかな。

この手の映画に登場する警察の全く信じてくれない&全く役に立たないは世界共通ですね。

大人はもっと子どもたちの声に耳を傾けるべき。

そして主演の眼鏡っ子、新人ゾーイ・コレッティ(18

うまく伝わらないかもですが、エレン・ペイジをもっと幼くした感じ。

ブレイクしてほしい女優さんでした!

嫌いだった点

序盤は登場人物たちにフォーカスした日常だったので少々退屈かと。

時代背景は1968年と少し前なので、雰囲気や町並みの素晴らしいさに注目して退屈を紛らわすのもいいでしょう。

見どころ

ギレルモ・デル・トロが特にこだわったといわれるモンスター。

原作の恐ろしい挿絵を忠実に再現しているそうです!

登場するダークで禍々しい怖いものすべて見事、圧倒されます。

スケアクロウ、赤い部屋の女、どれもこれも夢に出てきそう

ちなみにギレルモはこれら挿絵のスケッチ画を所有するほど!

彼の過去作もこれらの影響を受けていることは間違いないなさそうです。

さらに「 シェイプ・オブ・ウォーター 」で水生生命体を担当した造形チームも参加。

なにもかも揃ってますね。

怖いものよるビックリ演出が豊富なので、ビックリ系が苦手な方は注意です。

ツイッターの声

Youtube

Youtubeは1000人超えましたので、本格化させていきます。

是非チャンネル登録お願いしますベリーマッチ。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

    • 最新の映画情報
    • 映画グッズの通販情報
    • お得な割引クーポン
    • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

 

まとめ

子どもたちが恐れる怖いもの

目の前に実態化されると恐怖しかないですよね。

好き嫌いはあると思いますが、洋画ホラーのなんでもアリ感が好きです。

今作はR指定や変なグロさもないです。

ホラーあまり観ない方、苦手な方も是非鑑賞(挑戦)してみては。

あなたがこの本に物語を書かれるとき、遭遇するいちばん怖いものは何でしょう?

アンドレ・ウーヴレダル監督作品では「 ジェーン・ドウの解剖 」もおすすめ。

↓ ↓ ↓ ↓

(以下、管理人コメントです)

ギレルモ・デル・トロと言えば、「 パシフィック・リム 」「 シェイプ・オブ・ウォーター 」で有名。

モンスターにこだわったというのは、彼らしいですね。

モンスターが登場する作品で個人的に好きなのは「 キャビン 」ですね(ギレルモ監督ではないけど)

日本の有名な妖怪や海外のモンスターがこれでもかと登場します。

▶︎ 映画ライターさんの投稿記事(まとめ)