日本の映画料金は世界一高い?学生層〜シルバー層までのリアルな声をまとめました

映画館っていいですよね。

ポップコーンを食べながら、コーラを飲みながら、大好きな映画をみられるなんて幸せなことです。

Twitter、Facebokで映画料金の投稿をしたところ、大きな反響がありました。

今回は、日本の映画料金、お得に映画をみる、学生層〜シルバー層までのリアルな声の3点にしぼって紹介します。

日本の映画料金

日本の映画料金

日本の映画料金は、1800円です。

海外の映画料金

映画大国アメリカは、7〜8ドルで日本にすると1000円前後です。

アメリカで何回も映画をみましたが、めっちゃ安かった。

物価の高い北欧でさえ、日本より安く平均1500〜1700円前後。

日本以外のアジア諸国では1000円前後の料金です。

海外と比較することで、日本の映画料金の高さが際立ちます。

日本の映画料金は、世界一高いのです。

安くみる方法

各シネマの割引を利用

結論、安く映画をみるためには、各シネマで使える割引サービスを駆使するしかないです。

映画料金1800円。これを高いと感じる人も多いですが、安くみる方法はいくらでもあります。

多くの映画ファンは、前売り券、割引サービスを使って映画をお得にみていますよね。

たとえば、TOHOシネマズのシネマイレージ。

シネマイレージ会員は、映画を6回観ると1回分の映画料金が無料になり、マイルを貯めてドリンクやポップコーンと交換もできます。また、毎週火曜日の映画料金は1400円になります。

TOHOシネマズ値上げニュースは、Yahooニュースでも取りあげられていました。

TOHOシネマズ、イオン・シネマ、ユナイテッド・シネマといった有名な映画興行会社。

ほとんどの映画館では、複数の割引サービスを使えますので、お得にみるための努力も必要ですね。

映画料金の値上げ

2000人を超える投票数のうち、90%が1000〜2000円の価格帯が適正料金と考えているようです。

投票数が1万を超えてもこの比率は、ほとんど変わらないと思います。

世間の多くの人が、2000円を超えると映画料金は高いと感じるということです。

Twitterでアンケート取りましたが、Facebookでも同じ質問を投稿したところ、かなり多くのコメントをいただきました。

Twitterでも多くのコメントが寄せられましたので、サクッとみていきましょう。

Twitterコメント

 

 

みてわかるとおり、いくらに値上げしても映画をみにいくという人、2000円を超えてくると少しキツイという人。

学生さんにとってはキツイものがありますよねw

続いて、Facebookに寄せられたコメントをみていきましょう。

Facebookコメント

寄せられたコメントはそのまま引用してます。

Twitterは年齢層が若い世代が多く、Facebookは年齢層が高い世代が多いのが特徴です。

< コメント >
学生時代はレイトショーのみでした。最近は、大好きなアメコミものであればMX4D&3Dで3000超えもしばしばです。(本日観たキャプテンマーベルも)高いですが、価値があると思えば払いますね。

僕はシニア割引、夫婦割引の使える年齢なので、割引が効く様になって映画館へ行く回数は2倍位になりました、もともと映画が好きで映画の料金節約するため、観たい映画は前売券などを購入していました。

今現在は、夫婦割引、シニア割引の効く年齢になり、観たい映画は全て観る様ようになりました。映画が好きで、色々な作品観たい場合は、前売券、レイトショーなどフルに活用する事おすすめします。

価値の有る作品については、5000円までは出しますが、ダメな作品は1800円どころか、1000円でも観たく有りません。

< コメント >
アラフォーなんで最近はグランシアターでしか見れなくなってきているので、価格とサービスが釣り合っていれば、5000円でもだします。

< コメント >
大人1500円、学生1000円くらいのほうが懐的にはありがたいですね。

< コメント >
1800円は高いと思うので、自分はユナイテッド・シネマの会員デーで1000円 、イオンシネマのハッピーマンデーかドコモチューズデーで1100円、それ以外の劇場だとほぼレイトショーで観ています。安いに越したことはないです。

< コメント >
場所によっては独自でサービスデーやってるところもありますね。おかげでキャプテン・マーベル1100円で見れました。

< コメント >
大人1500円ですかね。本当は1000円がいいんだけど。マーベル系はムビチケ購入で1400円、または、WOWOW入っているのでキャンペーンを使って1200円でムビチケをまとめ買い。うちはTOHOシネマなので、6回みて1回無料を活用しています。

< コメント >
まだ上がるのですね。新宿ピカデリーは、会員であれば大体ポイントで1200円が多いですね。ポイントが貯まれば無料で見られます。

< コメント >
なかなかのインパクトでしたね。他のシネコンも従うのか?TOHOシネマだけだと、そこでしか観れないもの以外はアンチTOHOに流れちゃいますね。

< コメント >
大概レイトショーとか、私が52歳なので『夫婦50歳割引』ですが、そちらの料金もあがるんでしょうか。たしかに1900円は高いと感じますが、映画の出来と不出来で金額を決めていますので、良い映画であれば「1万円レベルじゃ!」なんて感じで評価基準で考えてますが(笑)1900円となると、ますます日中に若い人は行かなくなるのでは?

< コメント>
団塊の世代割りが多く、団塊贔屓。給料が少なく、今後の日本人を増やす世代への割引と言う投資が無いと思います。アメコミ実写は同世代の女(アラフォー)には「ムキムキのタイツの何が良いやら」と蔑まされてました。

今の大学生、高校生がマジで羨ましい。女の子がマーベルロゴのTシャツやリュックを背負ってる、今、大学生、高校生をやりたい。『トランスフォーマー』もアラフォー女子は評価が低かった、07年の頃は「よく判らん」と言われたからね。

< コメント>
 大都会 ニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノと比べると日本の劇場料金はボッタクリ価格ですね。適正価格は1300〜1500円でしょう。

< コメント >
どうしても映画館で観たければ、値上げでも足を運びたいと思いますが、できるだけ安く済ませたいのが心情です。

< コメント >
悲しい。1900円もしたら3ヶ月に1回しかみれないわ!

< コメント >
適正価格は1000円です!学生の小遣い考えて下さい!

< コメント >
 1900円。それでもっと良い映画が見れれば良いけど、何の理由の値上がりかわからないし、ちょっと高すぎますね。

< コメント >
 1000円かな?4Dは高すぎる。

< コメント >
1500円くらいがベストかなと思います。IMAXとかでも映画みるので、2000円超えても結局みますね笑、TOHOシネマズで映画観る事が多いのでなんだかなーって感じです。

< コメント>
私は、シネマサンシャインIMAX 3Dでメガネ購入後の値段は2500円ですが、もうIMAXでみてしまうと他の映画館に行けませんね。この値段で慣れました。

< コメント >
20年前っていうと1990年代後半ですよね。ロードショー大人1500円くらいだったんじゃないかな。たしかに観る側だとキツいですが、制作側映画館の設備投資等を考えるとやむを得ないのかもしれないですね。はやくシルバー割になりたいです。

< コメント >
1500円までかな。僕が行くのはイオンシネマで、公開初日に朝一のサービス料金1300円か初日に休みが取れなかった時は、docomoチューズデイの1100円です。

< コメント>
大体1700円〜1800円くらいが妥当かなあ。でもレイトショーやメンズorレディースデーなど割引券を上手く活用すれば、1200円~1500円くらいで鑑賞可能だし、2000円以下ならあまり気になりません。他の娯楽に比べれば安いもんです。

< コメント >
ユナイテッドシネマでは、毎週金曜日は会員デーなので1000円で観てます。普通のスクリーンで1000円以上払う気は無いです!そんな価値もないし。IMAX3Dは、メガネ持参なら1800円で観れるし。4DXの3Dは、2300円だったかな?一般料金で観てる人って金持ちなんだなって思ってますw

< コメント>
日本の映画料金は世界でもダントツ高過ぎっ!ヨーロッパでも高くて1500円程だと言うのに!思うに、アメリカと同等の600円程もしくは800円ぐらいが妥当なはず!映画一本2000円近くとか、既に気軽に観に行ける値段じゃないよねっ!ねぇ??

< コメント >
 映画舘で前売り買うと限定グッズを貰えるのは良い事。

< コメント >
下手な貯金するより株主優待って手もありますが。(当方のように少数株では、も少し優待してよーって感じです)ま50%オフ位なのでいいかも?

< コメント>
映画館に来てくれる人を増やさないといけないと思うので、値上げより、セルフで出来ること増やして人件費抑えるとか出来ないものなのかなぁ?と感じます。設備投資もお金かかるけど。1500円ぐらいで、もっと多くの人に映画を観れるように願います!あと高齢化もあるので、昔の映画やシネマ歌舞伎とか、もっと増やして欲しいなとも感じます。

< コメント >
1000円切っていた頃の世代です。深夜で1100円でみてます。これも上がるのかな?

映画館でのマナー違反というかモラルに欠ける人、エンドロールからスマホ開いたり、他所から持ち込んだ飲食であったり、4DXで見たくても高かったり、足が遠退く事が多く感じます。公開から少し時期をおくと人は少なくなりますがスクリーンが小さくなったり。

よっぽど「みたい!」思うものでない限りみに行かなくなりそう。パンフレット買っておしまい、予告動画みておしまい、地上波まで我慢することになるかも。

< コメント >
カリフォルニアでは、時間によっては600円くらいで観れたので、エンターテイメントの価値観の違いかな?とも思います。

まとめ

今回は、学生さん〜シルバー層までのリアルな声を聞くことができました。

寄せられた多くのコメントから見えてくるものは何だったでしょうか。

結論、日本の映画料金高すぎ!とほとんどの人が感じています。

次回は、日本の映画事情について紹介します。

【 映画を完全無料でみる方法 】おすすめ動画配信サービス4選