映画ライター募集中

映画「 ライブリポート 」ネタバレあり解説、際立つアーロン・エッカートの存在感

ライブリポート

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(yamamon69)さんからの投稿レビューです。

▶︎ おすすめ犯罪映画(まとめ)

   

誘拐事件の捜査から外された警官のペニー。

しかし、単独で救出に動き出すことを決意。

そんなペニーはネット配信レポーターのエイヴァに出会い、捜査協力を条件に撮影と配信を許可。

瞬く間に拡散される映像、情報の交錯、一般の視聴者を大きく巻き込んでいく。

制限時間64分。命がけのライブリポートの結末はいかに。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

作品情報

Line of Dutyライブリポート

公開日

2020612

上映時間

99

キャスト

  • スティーブン・C・ミラー(監督)
  • アーロン・エッカート
  • コートニー・イートン
  • ジェシカ・ルー
  • ベン・マッケンジー

予告編

公式サイト

ライブリポート

 

 

ネタバレ・感想レビュー

ライブリポート

好きだった点

ストーリーはいたってシンプルなのですが、スピード感満載のアクションサスペンスに仕上がっています。

誘拐された少女は水槽に閉じ込めれられ、満水になるタイムリミットは64分。

この時間的要素もテンポの良さとなっています。

視点が、通常の撮影されるカメラの視点と警官側の視点の2カメラの視点で、主人公たちと行動しているような臨場感を味わう事ができます。

理解のないおっさんなペニーと今時のエイヴァ。

アナログとデジタルの世代がみせる掛け合いもポイント。

アクションにおいてはスカっとした感じでは決してなく、リアル重視の地に足の着いた肉弾戦。泥臭さがややもどかしい。

ふと、このごろ無敵すぎる最強主人公に慣れてしまっているなと痛感。(笑)

嫌いだった点

登場人物・内容ともにツッコミどころが多いため、勢いだけでストーリーをもっていった感があります。

ライブというせっかくの設定も、いまいち活かせていないのも残念。

POVのシーンをもっと多くしても良かったのではと思いました。

見どころ

際立つアーロン・エッカートの存在感。

スティーブン・C・ミラー監督も「 彼は男の中の男 」と絶賛。

今作では正義を貫く警官。

捜査のため横暴な面も目立つちますが、最後まで諦めない主人公を熱演。

50歳すぎてるのに全力疾走してる姿もかっこいいとは、流石です。

話題作の多いアーロン。

ダークナイト 」ではハービー・デント(トゥーフェイス)を演じました。

映画界に欠かせない俳優の1人です。

SNSYouTube等のライブ配信。

どこにでもいる若者が注目と人気をつかみたいのは世の常。

登場するネット配信者エイヴァも現代ならではのキャラクターでして、典型的なミレニアム世代の女子。

エイヴァは今起こっている真実・リアルを届けられるのはこの媒体であると信じ、ペニーとの行動に踏み込みます。

Youtubeチャンネル

今年からYoutubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

今年から公式LINEを始めました。

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 映画グッズの通販情報
  • お得な割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

 

 

 

まとめ

ライブリポート

新しい要素を取り入れたオリジナリティのある内容。

警察メインの映画はありふれていますが、これまでと違った見方のできる作品となっています。

法執行機関とメディアの連携にも注目したい。

捜査配信、ぜひ「 視聴者 」として鑑賞してみては?

▶︎ 映画ライター投稿記事(まとめ)