映画ライフ楽しんでますか?

「 ドリームプラン 」考察レビュー、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹を育てた父親の物語

ドリームプラン
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

リチャードは、2人の娘を世界チャンピオンにする為、78ページの計画書を書きました。

2人が生まれる前に。

「 プランにしくじるのは、しくじるプランだから 」

それから22年後、世界が目撃したものは?

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ドリームプラン

ドリームプラン
©︎ドリームプラン

公開日

2022年2月23日

原題

King Richard

上映時間

144分

キャスト

  • レイナルド・マーカス・グリーン(監督)
  • ウィル・スミス
  • アーンジャニュー・エリス
  • サナイヤ・シドニー
  • デミ・シングルトン
  • トニー・ゴールドウィン
  • ジョン・バーンサル

予告編

公式サイト

ドリームプラン

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ドリームプラン
©︎ドリームプラン

リチャードを演じるウィル・スミスの演技が、凄すぎて演技とは感じられませんでした。

もうリチャードそのもの。

父親でもあるウィル・スミスがプロデューサーであり、監督のレイナルド・グリーンが、自身の体験を生かしたからこそ、今作が生まれたのだと思います。

父が娘を命がけで守り、サポートする姿は胸を打ちます。

雨の日もテニスの練習をさせるのは厳しすぎると、隣人が警察を呼んでも、劣悪な練習場所で不良たちが絡んできても、リチャードの信念はビクともせず、

娘たちの父への信頼も変わることがありません。

アフリカ系アメリカンが活躍するヒーロー作品といえば「 ブラックパンサー (2018)」が浮かびますが、今作は実話をベースとしたヒーロー作品と言えるでしょう。

女子テニス界最強の姉妹(2人合わせてグランドスラム30回優勝、5つの金メダル)と呼ばれた、ビーナスとセリーナを演じた、サナイヤ・シドニーとデミ・シングルトンも、本物にしか感じられないほどでした。

サナイヤとデミの2人は多くの時間を、ビーナス、セリーナ本人に加え、姉のイーシャ(脚本制作にも参加)と過ごし、色々な話を聞くことで、迷いのない演技が可能になったのだと思います。

個人的には、コーチ(リック・メイシー)役をしたジョン・バーンサルのユニークなキャラがツボでした。

「 ウォーキング・デッド(2010~)」の序盤で主人公の相棒役をしていたので、彼をスクリーンで観る度に「 おかえりなさい 」と心の中で呟いてしまうのです。

もちろんスポコン映画としても楽しめます。

「 チア⭐︎ダン(2017)」のように実話ベースですが、今作はそれだけにとどまらず、家族の愛と絆、黒人の地位向上、

劣悪な環境下での不屈の精神、教育の大切さなど、多くの学びを得られる名作でした。

セリーナの結婚式にも出席、仲の良い友人である世界的歌手ビヨンセの「 ビー・アライブ 」が、作品に花を添えています。

まとめ

今作には登場しませんが、昨年、セリーナと対決し、優勝した大坂なおみ選手が、どのようにして世界チャンピオンになったのか。

そのヒントが劇中にあります。

「 セリーナがいなければ、今の私はいなかった 」




ドリームプラン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる