映画ライフ楽しんでますか?

「 シラノ 」考察レビュー

シラノ
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@LEDMAXIさんからの投稿レビューです。

純愛三角関係を描いた古典たる戯曲。

要するにミュージカル。

ただただ胸が締めつけられる。

「 シラノ・ド・ベルジュラック 」と「 シラノ 」についての考察。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

シラノ

シラノ
©︎シラノ

公開日

2022年2月25日

原題

Cyrano

上映時間

124分

キャスト

  • ジョー・ライト(監督)
  • ピーター・ディンクレイジ
  • ヘイリー・ベネット
  • ケルビン・ハリソン・Jr.
  • ベン・メンデルソーン

予告編

公式サイト

シラノ

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

©︎シラノ

「 シラノ・ド・ベルジュラック 」

1897年の初演から、世界各国でオペラやミュージカルとして、各国で翻訳解釈され上演され続けている。

幾度となくミュージカル映画やドラマとして、更に現代版リメイクとして作られ続けた名作である。

映画を上げるなら、「 シラノ・ド・ベルジュラック 」としては、

  • 1946年
  • 1950年
  • 1972年
  • 1990年(ジェラール・ドパルデュー)
  • 2008年

上記のように、今作の「 シラノ 」アレンジ版が、多岐に渡って製作されている。

1987年スティーヴ・マーティンとダリル・ハンナ主演「 愛しのロクサーヌ 」

1996年「 好きと言えなくて 」は記憶に残る作品と言える。

「 好きと言えなくて 」は、フジテレビが佐藤浩市主演「 天気予報の恋人(2000年)」としてアレンジしている。

今作は脚本のエリカ・シュミットが、脚色・演出を手掛ける。

ロックバンドのザ・ナショナルが楽曲を手掛けたオフ・ブロードウェイ・ミュージカルを、ジョー・ライト監督が熱望し映画化を果たした。

現代の手法と解釈で、古典作品を映画化することに長けているライト監督が、ミュージカルと同じ脚本で美しい映像を構築。

ピーター・ディンクレイジ(シラノ役)は、舞台の主演も務め、エリカの夫でもある(昨今の舞台から派生したミュージカル映画には多いケース)

近年のミュージカル作品や劇中のダンスシーンやモブでは、裏拍で刻むビートにノッたストリート系HipHopかジャズダンス系、クラシックでもコンテンポラリーが主流の中で、

今作ではクラシック・バレエ的な重さを感じさせない、高揚感あるアプローチで美しく叙情的に表現している。

ときに誠実に。

ときに打算的に。

ときに肉欲的に。

ときに崇高に。

とき横暴に。

全ては純粋に、誠実に忍耐を魅せる勇気の在り方。

どれだけ愛し、どれだけ愛しぬく姿。

ただただ胸が締めつけられた。

ただただ愛を届けたかった。

まとめ

シラノ
©︎シラノ

近年のミュージカル映画の傾向として、突然に歌い踊り出すと言うよりも、会話やシーンと劇中曲から自然と展開していく。

だからこそ、ミュージカル映画が苦手と感じている諸兄には、恋と愛の物語を鑑賞して欲しいと願う。




シラノ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる