「 ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償 」考察レビュー

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

管理人

映画ライフ楽しんでますか? 今回は、ペンネーム@Yokoさんからの投稿レビューです。

ブラックパンサー党の若きリーダであったフレッド・ハンプトン。

日本ではあまり知られていません。

残念ながら日本では劇場公開に至りませんでしたが、フレッド・ハンプトンの人生が描かれたこの作品で、彼の信念に触れることができるようになっていました。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

©ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

公開日

2021年2月21日

原題

Judas and the Black Messiah

上映時間 

125分

キャスト

  • シャカ・キング(監督)
  • ダニエル・カルーヤ
  • ラキース・スタンフィールド
  • ジェシー・プレモンス
  • ドミニク・フィッシュバック
  • アシュトン・サンダース

予告編

公式サイト

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

作品評価

作品評価
映像
(3.0)
脚本
(4.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.5)

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償(感想レビュー)

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

©ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

日本人の私たちにとっては、あまり馴染みのないフレッド・ハンプトン。

ブラックパンサー党は聞いたことあっても、彼の名前を知っている人は少ないかもしれません。

彼は21歳の若さで警察官によって射殺されてしまいました。

今作を見ると、なぜFBI21歳の青年を恐れたのかが伝わってきます。

弁が立つ彼は黒人だけでなく、虐げられた人々と共に政府に立ち向かおうとしていました。

時には敵である貧しい白人層も仲間につけるという、カリスマ的存在がフレッド・ハンプトンだったのです。

彼の考えや精神は、今作を見れば伝わってきますが、そんな若きリーダーを演じたダニエル・カルーヤの演技は圧巻です。

彼はこの作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

人を夢中にさせるスピーチを行うダニエル・カルーヤは、まさにフレッド・ハンプトンそのものだったように感じました。

なぜ、フレッド・ハンプトンがこんなにも周囲の人を魅了したのか?

それはダニエル・カルーヤの演技から伝わってきます。

リーダーとしての圧倒的な存在感。

人々の心に訴えかける熱いメッセージ。

それを見事にダニエル・カルーヤは演じ切っていました。

まとめ

ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

©ユダ&ブラック・メシア 裏切りの代償

フレッド・ハンプトンは21歳という若さで亡くなってしまいましたが、彼の理念はも受け継がれています。

私にとっては、知らなかったことを勉強できる作品でした。