【 Netflix 】「 HUSTLE ハッスル 」考察レビュー、スラムダンクを彷彿とさせる胸熱ドラマ

  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@さんからの投稿レビューです。

「 今晩、墓地に行って来ていい? 死霊のはらわたを観るの 」

という娘のお願いに「 いいね、名作だ 」と答える父は名スカウトマン。

「 スラムダンク 」に夢中になった全人類は「 バスケは好きか? 」の返答に、胸を熱くします。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

HUSTLE  ハッスル

HUSTLE ハッスル
©︎HUSTLE ハッスル

公開日

2022年

原題

Hustle

上映時間

118分

キャスト

  • ジェレマイア・ザガー(監督)
  • アダム・サンドラー
  • クイーン・ラティファ
  • ベン・フォスター

予告編

公式サイト

HUSTLE  ハッスル

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

HUSTLE ハッスル
©︎HUSTLE ハッスル

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ。

この名前を聞いてピンときたら、NBAファンですね。

解説要らずで、バスケのシーンだけで、映画の凄さを堪能できるでしょう。

後に知りましたが、現役の選手やレジェンドと呼ばれる名選手たちが出演・プレーしているようです。

私はスポーツ観戦の習慣がないので、チーム名も選手名も初めて知りました。

スポーツ映画にありがちな、不自然なプレーの誇張を感じることがなく、臨場感にあふれる圧巻シーンの連続は、スターである彼らだからこそ生み出すことができたのですね。

現役のNBA選手と役者の違いが分からなかったので、NBA選手はバスケも演技もできるということに感心しました。

特に、主演ボー・クルス役のフアンチョ・エルナンゴメス。

演技もプレーも光っていました。

本物の選手を探しながら観るのも楽しみの1つですね。

「 ドリームプラン(2021)」でも感じましたが、現場でプレーを観戦する感覚で映画を視聴できるのが最大の魅力です。

ところで、今秋に映画が公開予定の、伝説的バスケ漫画「 スラムダンク 」にはファンが多いですよね。

バスケに詳しくない自分でさえも、全巻を繰り返し読んでいるほどですから。

今作中の「 バスケが好きか? 心から愛しているか?」というコーチ(アダム・サンドラー)の問いに、主人公の天才プレーヤーが答えます。

その答えに、スラムダンクの名セリフを思い出し、胸が熱くなりました。

コーチのサポートや声がけが、全て前向きなのが良かったです。

押し付けずに選ばせる。

励ましながら、ともにする。

上手くいったら、大いに褒める。

先生や親に限らず、教える立場の人たちは、とても参考になると思います。

特訓シーンでは、「 ロッキー(1976)」のオマージュも。

情熱は才能を凌駕するのです。

まとめ

HUSTLE ハッスル
©︎HUSTLE ハッスル

1%の才能よりも99%の努力だとしましょう。

では、100%の才能の持ち主(天才)が100%の努力をして、さらに、それを正しく導く名コーチがいたら? 

ハッスルするしかないですね。




HUSTLE ハッスル

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる