映画ライフ楽しんでますか?

「 フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 」考察レビュー

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ayahhiさんからの投稿レビューです。

とにかく画が美しく、徹底的な美意識に裏打ちされたスキのない108分。

曲者で愛すべき登場人物と気のきいたセリフには舌を巻く傑作。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
©︎フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

公開日

2022年1月28日

原題

The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun

上映時間

108分

キャスト

  • ウェス・アンダーソン(監督)
  • ビル・マーレイ
  • ティルダ・スウィントン
  • フランシス・マクドーマン
  • ジェフリー・ライト

予告編

公式サイト

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

感想レビュー

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
©︎フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

好きだった点

感性鋭い様々なジャンルのクリエイターから、熱い支持を受けるウェス・アンダーソン監督。

彼の美意識が作品の隅々まで散りばめられています。

知性とユーモア溢れる会話やクセが強く、品のあるシャレの利いた会話。

作品全体が洗練されており、ずっと魅せられっぱなしです。

しかし、ただのオシャレ映画ではなく、ひと癖やふた癖もある、人間臭い登場人物の描き方の秀逸なこと。

人間を本当によく観察しているなと舌を巻きます。

半奴隷の家庭に生まれた女性刑務官(レア・セドゥ)が、天才画家の囚人と恋に落ち、彼のミューズとなる点が特に魅力的だった。

カリスマ学生革命家でありながら、頼りなく弱気な部分を持ち、女学生と恋に落ちながらもうっかり夭逝してしまうティモシー・シャラメ。

まさに旬の俳優という感があり、その色気、力強さ、儚さに見惚れてしまいます。

考察レビュー

分断された各章が、特に詳しい説明もなくバッサリ別の話として存在しているため、つまり何の話だったの?という感想を持つ人も多いかと思います。

しかし、どの章にも根底に流れるスピリットは、共通していたように思うのです。

それは、人の弱々しさや、冷酷になり切れない優しさを愛するということ。

異邦人として仕事を失敗しないよう、死を覚悟して職務(毒入り食事を食べる)を全うするアジア系シェフに対し、

「 この街ではみんな異邦人だよ 」と慰めるゲイの黒人警官。

若者からの「 独身中年女性 」という罵倒に傷つきながらも、「 私の尊厳を奪わないで 」と若者たちの背中を押す高潔な記者。

誘拐犯の一味でありながら、怯える少年に優しい眼差しを注ぎ、子守唄を謳ってあげるショーガール。

それぞれの立場で、やりきれなさや、のっぴきならなさを抱えながらも、己の信じるのものや失いたくないものを、そっと抱きしめているような温かさを感じるのでした。

まとめ

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
©︎フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

美しくセンス溢れる映像をこれでもかと見せつけられると同時に、人間の内面を描くこだわりや、しつこさも強く感じさせます。




フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる