映画ライター募集中

【 洋画 】おすすめ映画「 フォードvsフェラーリ 」伝説のル・マン耐久レースと男の熱い友情物語を目撃せよ

こんにちは、ちこしあです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、映画好きのYoko(@pt_yokoさんからの投稿記事となります。

↓ ↓ ↓ ↓

こんにちは、Yokoです。

今回私は車好きにはたまらない映画「 フォードvsフェラーリ 」を見てきました。

一言で言うと体感型映画です。

自分が時速220kmでGT40に乗っている感覚を味わうことができます。

迫力あるスピードと唸るようなエンジン音。

これだけでル・マンの世界に引き込まれてしまうこと間違いなしでしょう。

もちろん車に詳しくなくても大丈夫!

男達の友情とプライドをかけた物語を見ていると心が熱くなるはずです。

それでは「 フォード vs フェラーリ 」の感想です。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

 

作品情報

Ford v. Ferrari

公開日

2020年1月10日

上映時間

153分

キャスト

  • ジェームズ・マンゴールド(監督)
  • マット・デイモン
  • クリスチャン・ベール
  • カトリーナ・バルフ

予告編

公式サイト

フォード vs フェラーリ

 

 

ネタバレ・感想レビュー

好きだった点

レースの世界に引き込まれる。

とにかくレースの迫力がすごい映画です。

CGなしで撮影しているだけあって、車のスピード感をリアルに体感することができます。

そしてエンジン音。

アクセルを踏むと同時に聞こえてくる唸るような音によって体感度合いがどんどん増していきます。

映画を見ているはずなのに、スクリーンの中の車体の揺れと同時に自分の体も揺れているようにさえ錯覚してしまいます。

レーサーのケン視点で見る世界は、実際にレーサーの気持ちになることができます。

その分、とてつもないドキドキ感もあります。

少しでもハンドル操作を誤ってしまえば、車はクラッシュしてしまいます。

どこに悪魔が潜んでいるかわからない緊張感はレース中ずっと続くのです。

特に最後のル・マン24時間耐久レースに突入してからはゴールまで緊張しっぱなしです。

無事にゴールできるのか?

優勝できるのか?

色んな緊張感に包まれ、その会場にいる観客やレースクルーの一員と同じように祈るような気持ちでレースを見続けています。

ドライバーの気持ちとレースを見守る観客の気持ち。

その両方の気持ちを堪能できるのが「 フォードvsフェラーリ 」

レースが無事終わったあとにはぐったりしてしまうほどでした。

見どころ

男の友情物語。

見どころはレースシーンですが、この映画は車が好きな2人の男の友情物語でもあります。

車が好きで大人になりきれないケンとシェルビー。

特にケンは、車について絶対に自分を曲げることができません。

そんなケンとシェルビーが殴り合いの喧嘩をしながら友情を深めていきます。

これぞ男同士の物語という感じでした。

そして二人を暖かく見守るケンの妻モリー。

良妻賢母の彼女が男性特有の熱い友情に嫉妬してしまうシーンは、なんだか彼女が可愛く見えてしまいました。

もちろんケンはなぜ妻が怒っているのか分かっていませんが。

喧嘩しながらも、お互いを信頼しているケンとシェルビーの2人が見せるラストは心が熱くなってしまいました。

ツイッターの声

 

 

 

まとめ

何も考えずにレースの世界に入り込める映画、それが「 フォードvsフェラーリ 」です。

カーレースと男の友情、そんな単純な映画だからこそ、フォードGT40のスピードを感じることができるのです。

見終わったあと私は車を運転したくなりました(笑)