「 カモン カモン 」考察レビュー

カモンカモン
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ayahhiさんからの投稿レビューです。

操縦不能な子どもと、ぶつかりながらも優しく包み込んでいくジョニー。

無邪気さの裏に傷を隠し持つ天真爛漫なジェシーが愛おしくてたまらない傑作。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

カモンカモン

カモンカモン
©︎カモンカモン

公開日

2022年4月22日

原題

C’mon C’mon

上映時間

108分

キャスト

  • マイク・ミルズ(監督)
  • ホアキン・フェニックス
  • ウッディ・ノーマン
  • キャビー・ホフマン

予告編

公式サイト

カモンカモン

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

カモンカモン
©︎カモンカモン

なんといってもジョニーの「 おとな 」としてのスタンスと、ジェシーの「 こども 」としてのありのまま加減です。

ジョニーは都会で暮らす独身者。

ラジオジャーナリストをしていて、アメリカ中の子どもにインタビューをして回っているのに、それと生身の子どもと生活を共にすることは全く違う体験。

自由に、時にちょっと意地悪に感じるほどの奔放さで、ジョニーをはじめとした大人たちを惑わすジェシーから文字通り目が離せません。

「 なんで結婚してないの?」などという無邪気な問いには、どぎまぎしてしまいます。

本当に容赦がありません。

子どもを必要以上に美化していない点も好ましいと思います。

母親がいかに社会の犠牲になっているかにも触れていて、これまで「 子どもはかわいい、尊い 」という理想に隠れて、

辛いことや面倒ごとを一手に引き受けてきた「 母親 」のリアルを、男性であり父親でもあるマイク・ミルズ監督が前面に出したことは大きな意味があると感じました。

もちろん、子どもは可愛いけれど、育児というものは本当に「 闘い 」であり、根気や冷静さ、膨大な体力を必要とすることは、意外と映画界では描かれてこなかったのではないでしょうか。

ジェシーの、天真爛漫に走り回っている姿から一転、自分も父のように精神を病むのではと怯える表情や、ジョニーとの別れで「 大丈夫じゃない!」と大きな声で叫ぶ様子は、

生意気そうでもやはり弱々しく、全力で守ってあげたいと思わせるものがありました。

大人も子どもも、弱みを隠さず互いを信頼しあい、肩を寄せ合えば良いのかもしれない。

まとめ

カモンカモン
©︎カモンカモン

人は子どもがいる・いないに関係なく、子どもと真摯に向き合う必要が確実にあるなと感じさせる、見て教育される1本です。

子どもを育てるということは、上下関係や優劣などを取っ払って、ひとりの生身の人間として子ども向き合い、安心を築いていくこと。

そんな気付きをもたらす傑作です。

カモンカモン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次