【 ネタバレなし 】「 ブラック・フォン 」考察レビュー、年齢制限アリのPG12作品

  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@柏原ヒロキさんからの投稿レビューです。

現代に新たなホラーの潮流を巻き起こして止まない「 ゲット・アウト 」や「 ハッピー・デス・デイ 」のブラムハウス・プロダクションズ最新作。

おぞましい仮面男「 グラバー 」の狂気に、あなたは耐えられるか?

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ブラック・フォン

ブラック・フォン
©︎ブラック・フォン

公開日

2022年7月1日

原題

The Black Phone

上映時間

104分

キャスト

  • スコット・デリクソン(監督)
  • イーサン・ホーク
  • メイソン・テムズ
  • マデリーン・マックグロウ
  • ジェレミー・デイビス
  • ジェームズ・ランソン

予告編

公式サイト

ブラック・フォン

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ブラック・フォン
©︎ブラック・フォン

今作はホラー作家で有名なスティーブン・キングの息子、ジョー・ヒルの短編小説「 黒電話 」が原作となっています。

スティーブン・キングの小説は「 キャリー 」や「 シャイニング 」等のホラーを始め、「 スタンド・バイ・ミー 」といった少年期を描いたジュブナイル作品と多岐に渡ります。

新しい作風を生み出し、かつて現代的なホラー作家と言われたスティーブン・キング。

今や巨匠と呼ばれ、ホラーの「 既存の枠組み 」を作った側の人物となりました。

現在においてモダン・ホラーとして名高いブランドが「 ブラムハウス・プロダクションズ 」です。

このスタジオは、新たなジャンル開拓と、ひと昔前のホラー作品の面白さを再認識させる事が得意なスタジオです。

今作では、かつてホラーにジュブナイル要素を加え、新しい作風の映画として話題となったスティーブン・キングの「 IT イット 」の演出が、逆に「 既存の枠組み 」として用いられています。

例えば仮面男「 グラバー 」は、「 IT イット 」に登場する怪人ペニーワイズと同じく、風船を手に少年たちに近寄ります。

グラバーが本格的に登場するまで、主人公フィニーと、その妹グウェンを取り巻く人間関係が丁寧に描写され、一連の主人公たちの行動全てがラストで繋がります。

今作は少年たちが力を合わせて得体の知れない怪人に立ち向かう「 IT イット 」のようなジュブナイルホラーの様相を呈しているのです。

さて、今作の「 グラバー 」は「 スクリーム 」のゴーストフェイスのように、只の仮面をつけた人間です。

しかし、ホラー映画を代表するジェイソンやブギーマンと肩を並べる程の怪人になっています。

特にグラバーが、あえて監禁部屋の鍵を閉め忘れたふりをして、逃亡を図った主人公を返り討ちにするために、異様な衣装で待ち伏せるシーンは途轍もない不気味さを感じました。

まとめ

ブラック・フォン
©︎ブラック・フォン

今作の製作は何と言っても「 ブラムハウス 」なので、単なるジュブナイルホラーではなく、やはり一捻り加わった脚本となっていました。

特に主人公の監禁部屋に設置された「 死者と繋がる黒電話 」は鑑賞の前後で、印象がガラリと変わります。

ホラー映画だからこそ味わえる、恐怖を伴うカタルシスを体感できました。

ECサイトへGO!

ブラック・フォン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次