今週のイチオシ映画「 スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム 」

「 アンテベラム 」考察レビュー

アンテベラム

今回は、ペンネーム@小松糸さんからの投稿レビューです。

人気作家のヴェロニカは、優しい夫と幼い娘と幸せな毎日を送っていた。

しかし、友人とのディナーの直後、彼女の日常は悪夢へと反転する。

一方、アメリカ南部の綿花畑で過酷な労働を強いられるエデンは、仲間とともに脱走を計画する。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

アンテベラム

アンテベラム
©︎アンテベラム

公開日

2021年11月5日

原題

Antebellum

上映時間 

106分

キャスト

  • ジェラルド・ブッシュ クリストファー・レンツ(監督)
  • ジャネール・モネイ
  • エリック・ラング
  • ジェナ・マローン

予告編

公式サイト

アンテベラム

作品評価

5つ星

映像
(4.0)
脚本
(5.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(4.0)
グロ度
(4.0)
総合評価
(5.0)

感想レビュー

アンテベラム
©︎アンテベラム

物語の構成、時間軸が凄すぎる。

見事としか言えない。

このレビューを投稿するのは矛盾しているような気もするが、個人的には何も前情報を入れずに鑑賞した方が面白いと思った。

予告すら不要なのではと思う。

それを踏まえた上で、このレビューを読んで欲しい。

とても不穏な空気が漂うファーストシーンの長回しカット。

これからどんな恐ろしいことが起きるのかの前兆が示唆されていた。

何も前情報を見ずに鑑賞した私は、前半は「 一体何が起こっているの?」の繰り返しだった。

製作は「 ゲット・アウト 」「 アス 」のプロデューサー、ショーン・マッキトリック。

最近はプロデューサーや配給もブランド化してきている印象がある。

あのジョーダン・ピール作品のプロデューサーだったと頷けるほど、社会派スリラーだった。

名作ホラー「 シャイニング 」を彷彿とさせる、幼い女の子がひっそりと立つ廊下のシーンは、今と過去を繋ぐ存在。

いろんな解釈ができるであろう作品だが、私はこれは別人ではなく同一人物だと思う。

富も名声も、人が羨むものの全てを手に入れているヴェロニカ。

しかし、彼女も彼女で見えない悪意や差別と戦っていた。

その一方で、綿花畑で働くエデン。

彼女の拷問シーンは見るに耐えない。

彼女が脱走を決意したキッカケも、1人の人間として深く傷ついたからだった。

「 怒りは恐れの裏返し。」という言葉が出てくる。

反撃を恐れているから「 話すな 」「 勝手な行動はするな 」と厳しく躾けられているが、刃向かわれるのが怖いから押さえつけているだけ。

多少の自由がなければ人はすぐに不満が溜まってしまう。

1秒も目を逸らさずに観て欲しい作品だ。

まとめ

アンテベラム
©︎アンテベラム

家で鑑賞していたら、構成の面白さに発狂していたと思う。

映画館だからまだ我慢できたが、この作品を鑑賞した人と語り合いたくて仕方がない。

全てを理解した上で、もう1度鑑賞したいと思える作品だった。




アンテベラム

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!



目次
閉じる