「 007 ノー・タイム・トゥ・ダイ 」考察レビュー

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ
  • URLをコピーしました!

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム@ハッピーたまごん! さんからの投稿レビューです。

映画史に輝くスパイアクション超大作「 007 」最新作。

シリーズの人気を不動の位置にしたダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンド最後の作品。

現役を引退したボンドに「 誘拐された科学者の奪還 」という任務が課せられる。

しかし、それはシリーズ史上、最大の危機の幕開けに過ぎなかった。

このレビューでは今作の面白さの秘密に迫ります。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
©︎007 / ノー・タイム・トゥ・ダイ

公開日

2021年10月8日

原題

No Time to Die

上映時間 

164分

キャスト

  • キャリー・ジョージ・フクナガ(監督)
  • ダニエル・クレイグ
  • ラミ・マレック
  • レア・セドゥー

予告編

公式サイト

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

作品評価

[rate title=”5つ星”]

[value 5]映像[/value]

[value 4]脚本[/value]

[value 5]キャスト[/value]

[value 4]音楽(BGM)[/value]

[value 4]リピート度[/value]

[value 2]グロ度[/value]

[value 4 end]総合評価[/value]

[/rate]

感想レビュー

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
©︎007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

前作でジェームズ・ボンドは、シリーズの黒幕である「 スペクター 」を壊滅させて現役を引退しています。

今回、最後の悪役として登場する人物がサフィンです。

予告でも分かる通り、彼は地球を救う為に人類を抹殺するという野望を持っています。

急にとってつけたかの様に登場した悪役サフィンですが、最終作に相応しい重要な役割を担っていました。

野望と作品における存在意義ともに、スペクターを超えていると思います。

サフィンとボンドには共通点が多いというより、同じ様な人生を歩んできた人物ともいえます。サフィンは「人生の目的は後世に何を残すかだ 」

と語りながら生物兵器を開発します。

ボンドが残したかものは新しい生命です。

この対比が2人の違いを決定づけています。

ラストは賛否が、分かれると思います。

まとめ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ
©︎007/ノー・タイム・トゥ・ダイ

劇場には様々な年齢層の方がおり、007は愛されているシリーズだと感じました。

娯楽アクション、エモーショナルな物語。

伝統的なオープニング。

全てが007らしい。

他作品とは違う独自性を感じられて楽しかったです。

007 ノー・タイム・トゥ・ダイ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次