映画「 ウルフウォーカー 」ネタバレあり解説、ポスト・スタジオジブリとも称されるカートゥーン・サルーン最新作

ウルフウォーカー

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@May)さんからの投稿レビューです。

「 ブレンダンとケルズの秘密 」

「 ソング・オブ・ザ・シー 海のうた 」

を生み出した、アイルランドのアニメーションスタジオ、カートゥーン・サルーン最新作。

妖精が生きるケルト伝説を、美しいアニメーションを通して楽しめました。

▶︎ アニメーション(まとめ) 

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ウルフウォーカー(作品情報)

Wolfwalkersウルフウォーカー

公開日

2020年10月30日

上映時間

103分

キャスト

  • トム・ムーア(監督)
  • ロス・スチュワート(監督)
  • オナー・ニーフシー(ロビン)
  • エヴァ・ウィッテカー(メーヴ)
  • 新津ちせ(ロビン)/ 吹き替え
  • 池下リリコ(メーヴ)/ 吹き替え

予告編

公式サイト

ウルフウォーカー

作品評価

勝手に評価
映像
(4.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(4.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(4.0)

 

ネタバレ・感想レビュー 

ウルフウォーカー

好きだった点

1つ1つの場面が美しく、絵本の中に入り込んだようで目が離せませんでした。

カートゥーン・サルーン作品を知る人は、あの独特なキャラクター造形や、背景デザインが好きという人も多いかと。

今作でも、主人公ロビンと友人メーヴの性格がキャラクターの造形からも感じ取れました。

神秘的な森の描写は、手描きのような柔らかいタッチと曲線で構成されているのに対し、

抑圧された街の描写は、版画のような硬いタッチと直線で構成されており、両世界の違いがヴィジュアルからも分かります。

オオカミ視点での匂い、音の感じ方をアニメーションにしているシーンも面白かったです。

嫌いだった点

戦争と宗教の圧力を跳ね除け、自分の守りたいものを見つけて強くなっていくストーリーは感動するポイント。

その時代背景、1650年のアイルランドとイギリスの関係性、イギリスから来たロビンと父ビルが、アイルランドのキルケニーで暮らす肩身の狭さなどをもう少し分かり易く描いて欲しかった。

説明的にはなって欲しくないですが、どの部分にどれだけ焦点を当てるかが難しいですね。

嫌いな点というわけではないのですが、自分の知識不足を感じる点ではありました。

見どころ

歌手オーロラの力強く透明感あふれる「 Running With The Wolves 」が流れる中、オオカミになったロビンとメーヴが、夜の森を駆け抜けていくシーンの躍動感は、

見ているこちらもウルフウォーカーになって2人と一緒に走っているような感覚になりました。

ポスト・ジブリと呼ばれる点にも注目。

監督がジブリ作品「 かぐや姫の物語 (2013年 高畑勲監督)」にインスパイアを受けた語っていました。

後半のロビンが自分の意志に従って行動していくシーン。

彼女の意志の強さを表すように、アニメーションの線が力強く走り抜けていくような描かれ方に「 かぐや姫の物語 」の影響を感じました。

ストーリーも「 もののけ姫(1997年 宮崎駿監督)」と共通するような点があると思います。

考察・疑問点

ハッピーエンドとはならないのかも?

ロビンと父ビル、友人メーヴとその母モルは家族となり、狼たちを連れて新天地を目指します。

これはロビンとメーヴがいつまでも仲良く過ごせるという点では、1つのハッピーエンドなのかもしれませんが、私はそれよりも気になってしまった点がありました。

それは、結局彼らが森を去る結果となってしまったこと。

森の生き物も、語り継がれていた存在ウルフウォーカーも、もともと住んでいた土地を離れなければ生きていくことはできない。

それは人間の自然への侵攻を止めることができなかったことを示唆しているのではないでしょうか?

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

Youtubeチャンネル

Youtubeも配信中。

チャンネル登録する

公式LINE

主な配信内容は下記の通り。

  • 最新の映画情報
  • 割引クーポン
  • プレゼント企画

お友達に追加する

 

まとめ

ウルフウォーカー

ポスト・ジブリとも称されるカートゥーン・サルーン。

今作がケルト三部作の完結編でした。

個人的には、前作の「 ソング・オブ・ザ・シー海のうた 」の方が好みですが、今後の作品も楽しみです。

「 ブレンダンとケルズの秘密 」
 
「 ソング・オブ・ザ・シー 海のうた 」も是非見てください。