【 11月 】デンゼル・ワシントン月間

【 おすすめ洋画 】「 イコライザー 」必殺仕事人マッコールが航空母艦並みの強さでマフィアを壊滅させるお話

こんにちは、ちこしあです。 

映画ライフ楽しんでますか? 

デンゼル・ワシントン月間です。勝手に開催中です。

今回は、「 イコライザー 」の紹介。

結論、めっちゃ面白かったですねこの作品。

サクッと見ていきましょう。

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)  

作品情報

The Equalizer

公開日

2014年10月25日  

上映時間

132分

キャスト

  • アントワーン・フークア(監督)
  • デンゼル・ワシントン
  • クロエ・モレッツ
  • デヴィッド・ハーパー
  • マートン・チョーカシュ

   

予告編

公式サイト

なし

作品評価

作品評価
撮影・映像
(3.5)
ストーリー
(3.5)
キャスト
(4.0)
音楽
(3.0)
リピート度
(5.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(4.0)

 

 

 

ネタバレ・感想レビュー

好きだった点 

元CIAエージェントのロバート・マッコールがロシアンマフィアを1人でぶっ潰していく姿は、爽快すぎましたね。

またホーム・センターで働いているところも、The 平凡という感じがして好感が持てました。

ホーム・センターに置いてあるハンマーで悪者を成敗したマッコール。

血まみれのハンマーを拭いて、また戻した時はめっちゃ笑いましたね。せめて家に持ち帰れよと思いませんでしたか?

嫌いだった点 

特になかったですけど、あんな強い人間いますか?

複数のマフィアを瞬殺で殺せる人間ってこの世にいるんですかね(笑)

相手を攻撃する時にスローモーションになるんですよね。そして腕時計をセットして相手を殺すマッコールはまさに必殺仕事人。

印象に残ったシーン 

ホーム・センターでのバトルシーンが印象的でした。

最初からこのようになることを想定してホーム・センターで働いていたのでしょうか。

よく考えてみると、ホーム・センターって無いものがありませんよね。

その場で武器を作ろうと思えば作れてしまう材料もあるし、火もあれば武器もありますからね。

スプリンクラー降り注ぐ中、ラストでマフィアのボスを成敗するマッコールにはシビれましたね。

ホーム・センターの釘ってあんなに飛びませんよね(笑)

 

 

考察・疑問点

なぜ殺し屋として覚醒したのか

元CIAの超凄腕エージェントだったマッコールは、妻の死後、殺しを辞めて平凡な生活を望んでいました。

深夜営業の喫茶店で読書をしている中でアリーナと出会ったマッコール。

娼婦をしていた彼女がスラヴィ(娼婦ビジネスのボス)に暴力を受けていることを知ったマッコールは、9800ドルと引き換えにアリーナを引き渡すように交渉します。

スラヴィが断るとその場にいたマフィアを瞬殺。

やっちまったぜと言わんばかりのマッコールは、以降、マフィアに命を狙われます。

正しい行いをしない者には冷酷なマッコール、彼はマフィアの黒幕がプーシキンということを突き止めます。

そして、黒幕組織をぶっ潰すため殺し屋として覚醒したのでした。

マッコールが本を読んでいた理由

マッコールの妻は、生前に読むべき100冊を達成するため本を読んでいました。

しかし、97冊のところで死んでしまい、残りの3冊をマッコールが読んでいたわけです。

マッコールが人を殺す時のルール

ルールとまではいかないかもしれませんが、彼が人を殺す時は相手の武器や日用品を使います。

理由は、捜査の痕跡を残さない為ですね。

 

 

まとめ

私は悪人に正しい行動をする機会を与えたのだと言い放つマッコール最高すぎませんか。

クロエちゃんは少し太りすぎですね最近。ムチムチすぎませんでしたか今回のクロエちゃん。

どんどん強くなっていくマッコール。パニッシャーもビックリ。

マッコールは、もはや1人航空母艦(=空母)カール・ビンソンですよ。空母1隻は、1国の軍事力に匹敵するのをご存知でしょうか。

マッコール1人でマフィア組織を破壊するわけですから、彼はカール・ビンソンと言っても過言ではありません。

ちなみにイコライザーの続編もありまして、デンゼルが出演しています。