【 ネタバレなし 】「 NOPE /ノープ 」考察レビュー

Nope
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@LEDMAXIさんからの投稿レビューです。

視る側と視られる側の暴力的な葛藤表現。

多岐多様な観点で描かれてる故に、映画好きには高評価を得ている。

鑑賞者が何処に視点と論点を配置するのか?

その結果と総合性は、古代からの神話に帰結する。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

NOPE /ノープ

Nope
©︎Nope

あらすじ

物語の舞台は田舎町の牧場。突如空から異物が降り注ぎ父が絶命。現場にいた長男は、謎の未確認飛行物体を目撃していた。妹と共に動画撮影を試みた彼は、想像を絶する事態に見舞われることに。

公開日

2022年8月26日

原題

Nope

上映時間

131分

キャスト

  • ジョーダン・ピール (監督)
  • ダニエル・カルーヤ
  • キキ・パーマー
  • ブランドン・ペレア
  • マイケル・ウィンコット
  • スティーブン・ユァン
  • キース・デビッド

予告編

公式サイト

NOPE /ノープ

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

Nope
©︎Nope

今作は劇場予告からも謎めいていた。

強いて言えば「 視ては行けない 」ということのみ。

公開直前の予告で、多くが想定していたUFO(未確認飛行物体:unidentified flying object)と認識しただろう。

しかし、流石はジョーダン・ピール監督。

一筋縄ではいかない作品に仕上げている。

そもそも、自身の得意とするオカルト・ホラー的な表現手法。

人種差別や格差における歪みの波動。

それらが膨れ上がった時に、暴走する事象や感情の発露を描くことで「 NOPE!」とも言える状況に追い込まれていく。

ちなみに発音は「 ノープ 」と言うよりも「 ノップ!」と強く拒否する時に使う言葉だったはずなので、日本語タイトルは少々、のんびりと言うか…。

テーマ性をボヤかしてしまっていると感じている。

主旨は絶対的な拒絶を表現しているのだから。

「 存在 」が視られていることや、視ていることによるストレスを強く表している。

視られ暴れる動物。

直視する者。

視ない者。

視られたく無い者。

視られたい者。

視続けたい者。

視線が合うと奪いにくるなにか…。

世界で初めて撮影された動画は10数台のカメラを並べ、馬(騎手は黒人)を走らせた動画だった。

その後、エジソンが映写機を発明する。

その後の21世紀初頭まで、承認欲求過多に陥る人種は画面の中にに映される人々だった。

21世紀も四半世紀近く経過すると情報通信が発展し、地球上の至る所に生存する人類の大半が、過度な承認欲求を満たそうと励んでいる。

それは視られ事だけでなく、視続け貪欲に、満足すること無く、足掻き貪り争っている。

その姿こそが「 NOPE!!」だ。

ジョーダン・ピール監督による時代への警鐘と理解してもいい作品であると言える。

雲の中に姿を潜める存在の容姿は、未開未知の海を渡る者たちを恐れさせたクラーケン(巨大蛸)にも似て…

天空から現れ、神の正義と愛を実行する為に、断罪の剣を振るう翼を広げガウンを翻す天使のようでもあり…

魅とれた者を天空に連れ去る天の羽衣のようでもあり…

ミステリーゾーンへ誘う別次元の扉の様な存在を啓示している。

貴方が視る未知なるモノを脳内認識する心象風景は、どんな姿容をしているのだろうか?

まとめ

Nope
©︎Nope

2021年からアメリカ政府は、UFO(未確認飛行物体:unidentified flying object)の呼称を改めた。

UAP(未確認空中現象:Unidentified Aerial Phenomena)と呼称した。

Nope

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次