映画ライフ楽しんでますか?

「 林檎とポラロイド 」考察レビュー

林檎とポラロイド
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ayahhiさんからの投稿レビューです。

全体的にただよう奇妙で洒脱な雰囲気。

哀しみにもユーモアにも変化する深い表現が印象的な

ユニークな意欲作。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

林檎とポラロイド

林檎とポラロイド
©︎林檎とポラロイド

公開日

2022年3月11日

原題

Mila

上映時間

90分

キャスト

  • クリストス・ニク(監督)
  • アリス・セルベタリス
  • ソフィア・ゲオルゴバシリ
  • アナ・カレジドゥ
  • アルジョリス・バキルティス

予告編

公式サイト

林檎とポラロイド

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

気が付いたら記憶をなくしていたけれど、なんとなくその片鱗は自分の中に残っていて、新たな人生に進もうとするけれど、

なんだかどこかで服の裾を引っ張られているような感覚、とでも言うのでしょうか。

主人公が記憶を回復するプログラムを愚直にこなす様子は、どこかいびつで、でも間違ってはいなくて、奇妙でリアルで説得力があります。

決して分かりやすいエンターテイメントではありませんが、哀しみを受け止められない主人公の動揺や、そこから抜け出す希望、果ての絶望など。

言葉や表情少なくして物語る役者や製作サイドの技量を感じます。

映像自体の色味やインテリア、登場人物のファッションなどに、シンプルながら趣味の良さが溢れていて好感を持ちました。

哀しい、寂しい記憶だけを無くすことができたら、どんなにか楽でしょう。

しかし、この主人公のように、そんな都合の良いことはできなくて、結局はすべてを自分で受け止めざるを得ない。

そこから進んでいくしかないのだ、ということを暗に物語る作品だと感じます。

しかもそんな苦行を経ても、ハッピーエンドにつながる保証などない。

すべては哀しみとユーモアの中で消化していくしかない、だってそれが生きることだから。

とでも言われているようです。

それはひねくれているようでもあり、正直でもあり、あきらめでもあり、だからこそ歩みを止めないタフさもあるのではないでしょうか。

思ったよりも救いのないラストではありますが、彼はきっと、フラフラしながらも前を向き、林檎をかじりながら、新たな日常に足を踏み出していく気がします。

まとめ

林檎とポラロイド
©︎林檎とポラロイド

デビュー間もないながら、大女優ケイト・ブランシェットの目に留まり、すでにハリウッド進出も決定しているギリシャの若き才能、クリストス・ニク監督の独特な感情表現と映像美に注目です。

ギリシャ語という聞きなれない言葉もまた、映画の独特さに拍車をかけているのですが、描かれる人の心の揺れはとても普遍的。

異文化体験をしつつ、国は違っても同じ人間なのだな、と思い知る機会でもありました。




林檎とポラロイド

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!



目次
閉じる