「 ホモ・サピエンスの涙 」考察レビュー、ロイ・アンダーソンにより全てのシーンがワンカットで撮影される

ホモ・サピエンスの涙

こんにちは、Johnです。

映画ライフ楽しんでますか?

今回は、ペンネーム(@映画ケーン)さんからの投稿レビューです。

  • 人間の「 悲しさ 」
  • 「 起承転結 」「 見せ場 」がないのに成立する面白さ

面白さが伝わりにくいので、本記事では魅力を書いていきます。

 

画像の引用元:IMDb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

ホモ・サピエンスの涙(作品情報)

ホモ・サピエンスの涙

©ホモ・サピエンスの涙

公開日

2020年6月18日

原題

About Endlessness

上映時間

78分

キャスト

  • ロイ・アンダーソン(監督)
  • レスレイ・リヒトワイズ・ベルナルディ
  • アーニャ・ノバ

予告編

公式サイト

ホモ・サピエンスの涙

作品評価

五つ星
映像
(3.0)
脚本
(3.0)
キャスト
(3.0)
音楽(BGM)
(3.0)
リピート度
(3.0)
グロ度
(1.0)
総合評価
(3.0)

 

ホモ・サピエンスの涙(感想レビュー)

ホモ・サピエンスの涙

©ホモ・サピエンスの涙

好きだった点

全33シーンがワンシーン・ワンカットで撮られています。

カメラは動かず、バッチリ決まったポストカード・絵画のような映像。

その中で人間(ホモ・サピエンス)が虚ろげに、でもどこか滑稽に生きていくというもの。

淡々としていて、ハッキリした物語や起承転結はありません。

序盤は眠気との戦いでした。

「 これは一体何なんだ?」と。

ヒトラー登場以降、テーマがハッキリと浮かび上がり、ラストにはグッときてしまいました。

人間が感じる小さいものから大きいものまでの「 悲しさ(涙)」を並べていきます。

ハイヒールが壊れてしまった女性から信仰を失った神父、敗北を悟ったヒトラーまで。

ヒトラーも我々と同じ「 人間(ホモ・サピエンス)」という主張があります。

彼は非人道的な殺戮を指示した人物ではありますが、彼にも感情があり僕たちと同じ人間なのです。

「 ソナチネ 」オマージュと思われる映像で、エンジンが止まり困っている男で幕を閉じます。

あなたの感じている悲しみは皆も感じているもの。もっと大きな悲しみもあれば、それは人生のほんのひと時のものだよ。 」

という監督の優しい目線が感じられます。

高めに置かれているカメラからも分かるように、監督(今回は「神」とも言えますが)が優しく見つめる、という描き方をしています。

恥ずかしながら勉強不足で、監督の作品は初見ですが、ロイ・アンダーソンが好きな友人によるとラストは彼らしいと。

色々と大きな悲しみの瞬間を描いてきたわけですが、最後はサッパリした終わり方です。

「 愛をまだ知らない少年 」が枯れている植木を見ているシーン。

「 脚を失い悲しみに暮れる男 」が駅でギターを弾き歌うシーンで延々と脚のある通行人を歩かせていたり、

信仰を失った神父が裏で「 キリストの血 」として出すワインをガブガブ飲んでいたりと。

嫌いだった点

全体としては飽きずに見ていられますが、抱き合う男女が空を飛んでいるシーンなど。

あまりにも長過ぎる 」と感じてしまいました。

見どころ

「 見どころ 」がないのが見どころですね。

映画ライターになりませんか?

映画ライター

映画ライターに興味ある人は是非チャレンジしてみては?

▶︎ さあ、映画ライターになろう

 

まとめ

ホモ・サピエンスの涙

©ホモ・サピエンスの涙

決して派手な見せ場はありませんが、今後は彼の作品を見ていこうと思いました。

美しい映像美で描かれるシニカルな視点と監督の優しさに、あなたも1度触れてみてはどうでしょうか?