「 ブレット・トレイン 」ネタバレなし考察レビュー、原作小説はマリアビートル!

ブレット・トレイン
  • URLをコピーしました!
管理人
今回は、ペンネーム@ジョナさんからの投稿レビューです。

伊坂幸太郎とブラッド・ピットのファンなので、観る前から鼻血が出そうでした。

期待の反面、不安もありました。

この記事では、今作の魅力について書きます。

画像の引用元:IMdb公式サイトより
(アイキャッチ画像含む)

目次

ブレット・トレイン

ブレット・トレイン
©︎ブレット・トレイン

あらすじ

主人公は運の悪い殺し屋レディバグ。彼は依頼人のマリアからブリーフケースを盗むだけの簡単な仕事を請け負うことになった。そして、東京発・京都行の超高速列車・ゆかり号に乗り込むのだが、そこに待ち受けていたのは殺し屋たちだった。

公開日

2022年9月1日

原題

Bullet Train

上映時間

126分

キャスト

  • デビッド・リーチ(監督)
  • ブラッド・ピット
  • ジョーイ・キング
  • アーロン・テイラー=ジョンソン
  • ブライアン・タイリー・ヘンリー
  • アンドリュー・小路
  • 真田広之
  • マイケル・シャノン
  • バッド・バニー
  • ザジー・ビーツ
  • ローガン・ラーマン
  • 福原かれん
  • サンドラ・ブロック

予告編

公式サイト

ブレット・トレイン

作品評価

  • 映像
  • 脚本
  • キャスト
  • 音楽
  • リピート度
  • グロ度
  • 総合評価

考察レビュー

ブレット・トレイン
©︎ブレット・トレイン

原作の「 マリアビートル 」の実写再現としてでなく、キャラや設定を大胆に変更している点が、むしろ吉と出ていました。

キャラの濃すぎる殺し屋たちが、それぞれの特性が活かされていました。

中途半端に拝借するのではなく、過剰なまでに演出することで、「 ワイルド・スピード(2001) 」や「 キル・ビル(2003) 」や「 ジョン・ウィック(2014) 」のような派手なアクションを楽しめました。

伊坂幸太郎の得意技でもある、広げた伏線を回収する手法は、タランティーノ風の脚本に仕上がっているようで、良かったです。

登場人物(?)のミネラルウォーターが、「 上を向いて歩こう 」の音楽とともに、愉快な演出を果たしていて、少し伊坂イズムを感じました。

また原作では「 グラスホッパー(2015) 」の7~8年後の続編という設定だったので、前作の主人公・鈴木がカメオ出演しないかと期待していたのですが、

登場しませんでした。その代わり、二回目の鑑賞時に冒頭の(トンデモ)東京のネオン看板に「 すずき 」という文字を見つけたので、満足。

トンデモ日本描写も一周回って、潔くて好きでした。もはや豪華なギャグ。

悪運に取り憑かれた「 レディバグ(天道虫)」を演じるブラピが物語を牽引したからこそ、2時間の乗車時間が退屈しませんでした。

初鑑賞の1週間後に、原作を再読しながら、2回目の乗車。

細部や、音楽に注目して鑑賞したら2倍楽しめました。

車掌さんが大好きだった長編ドラマ「 HEROES/ヒーローズ(2004) 」のヒロ役(マシ・オカ)だったのが、個人的にツボでした。

オープニングテーマの「 ステイン・アライブ 」はアヴちゃんのカヴァー。奥田民生の「 キルミー・プリティー 」もカッコよかったです。

「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019)」の作中音楽の使われ方に、似ていて効果的だと感じました。

列車内という密室空間で、映画の魅力が散りばめられていて、2回目も飽きることがなかったです。

まるで、大人のおもちゃ箱(いかがわしい意味でなく)のようでした。

まとめ

ブレット・トレイン
©︎ブレット・トレイン

翌朝、サントラを聴きながら、ランニングしたら、爽快感が駆け抜けました。

原作と映画、どちらから乗っても問題なし。間違いなく楽しめるでしょう。

スリリングな列車の旅をお楽しみください。

ブレット・トレイン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでシェアしてね
  • URLをコピーしました!
目次